2016年12月12日(月) 更新

日本生命を受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

日本生命の労働環境について①:業務内容

まずは、日本生命の労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。日本生命は、 世界の生命保険会社の中でもTOPクラスの水準で、個人・企業向け各種保険商品の引受・保全サービス、有価証券投資・貸付・不動産投資など受託資産の運用を行っています。その業務内容として、更なるサービスの向上により成長を続ける日本生命は、これからの業績にも期待が集まっています。
以下で、日本生命の業務内容として職種をご紹介します。

職種ごとの業務内容を把握しよう

日本生命には、多くの職種が存在します。ここで、それぞれの職種の業務内容を理解していきましょう。

◆総合職:保険・金融商品の販売、資産運用、経営管理等
◆営業総合職:全国の営業拠点の管理者として、営業職員のマネジメント業務を行う
◆CS総合職:顧客対応職務を中心に、総合職同様幅広いフィールドで活躍(関東・関西エリア)
◆業務職:窓口・電話でのお客様応対や各種契約の手続き等
◆法人職域ファイナンシャルコーディネーター:大企業を中心とした法人・職域マーケットにおいて、高度な専門知識を駆使して行うコンサルティング営業

日本生命の労働環境について②:労働時間・休日制度

日本生命の業務内容の次に、労働時間についてご紹介します。休暇制度がしっかりとしている日本生命ですが、労働時間に関して実際はどうなのでしょうか。
日本生命の勤務時間は、原則9時から17時までとなっています。ただし、一部地域の法人職域ファイナンシャルコーディネーターのみ、9時半~17時半もしくは10時~18時になります。職種によって労働時間が異なる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。
しっかりと日本生命の労働時間を把握しておくことで、自分のライフサイクルもイメージしやすくなります。

家族持ちに優しい休暇制度

日本生命の魅力として、休日制度の充実が挙げられます。休日は完全週休2日制で、祝日、年末年始、有給休暇、産前産後休暇、ほっとウィーク特別休暇(夏季休暇)、リフレッシュ特別休暇、アニバーサリー休暇、ファミリーサポート休暇、育児休業制度、介護休業制度などがあります。合計120日超えの休日。非常に充実したプライベートを過ごせるでしょう。
アニバーサリー休暇やファミリーサポート休暇、育児休業休暇など、日本生命には家族持ちに優しい制度が整っています。

日本生命の労働環境について③:働くやりがい

業界でも注目の企業である日本生命へ就職すれば、やりがいをもって業務内容に励むことができます。社員教育も盛んで、新人研修やOJT研修など、業界の第一線で活躍できる人材育成を行っています。
意欲があればとこまでも成長できる社風があるため、入社後も成長したい意欲のある方にはうってつけの環境であると言えるでしょう。

お客様のライフスタイルに関わっていることを実感した時

日本生命のような保険を扱う企業は、多くのお客様のライフスタイルサポートも業務内容のひとつ。日本生命はサポートだけでなく、お客様に「安心」を提供することを徹底しています。お客様の悩みに寄り添い、その人その人に合った保険の提案が求められます。お客様と親身になり、お客様のニーズに応えられた時に大きなやりがいを感じるでしょう。

日本生命の業務内容は保険商品の引受・保全サービスが中心!労働時間は部署によって多少異なる

日本生命の業務内容と労働時間についてまとめました。就活生は、今回紹介したような業務内容や、保険業界の指針、労働環境をしっかりと知ったうえで、エントリーを行いましょう。
日本生命の業務内容は、保険商品の引受・保全サービスが中心で、今後もより良い環境での指導を目指しています。より良いサービスを目指し、お客様の健康増進を徹底しています。このような業務内容や労働時間などの業界研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。
入社後のミスマッチを防ぐためにも、業界研究を入念に行いましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント