2016年12月12日(月) 更新

阪急交通社を受ける就活生が知るべき福利厚生・教育制度

阪急交通社の福利厚生・教育制度①:寮や社宅について

阪急交通社は、福利厚生の一つとして、寮または社宅が完備されています。配属された場所に住居のあてがない方については、寮または社宅に入居できるようになっているので、初めての地で土地勘のない方でも心配する必よ王はなさそうです。関東・関西は独身寮があり、その他の地域は社宅となります。費用も月1~2万円程度と、個人での負担は軽くなっていますので心配ありません。但し、職種により異なるようなので、注意が必要です。

阪急交通社の福利厚生・教育制度②:休日と休暇について

阪急交通社での、福利厚生の一つである休日休暇について、正社員とエリア社員とで待遇が異なっています。正社員は、土日祝日、年末年始のお休みで年間123日の休日となっており、エリア社員に関してはシフト勤務制となっています。共通の休暇としては有給休暇(初年度10日、最高20日)、慶弔休暇、その他の休暇取得が出来るようです。年間120日以上という休みは企業としてとても多いので、充実した休暇を取ることができるでしょう。

阪急交通社の福利厚生・教育制度③:女性のための制度について

阪急交通社では、福利厚生制度して、育児休業などの制度も完備しています。結婚・出産後も活躍している女性社員はたくさん在籍しており、産休・育児休業は法定以上の制度を完備し、復帰後には、短時間勤務等を利用できる環境を整え、働く女性を積極的にバックアップしています。女性の多い職場でもあるので、女性にとって働きやすい環境が整っているのは嬉しい制度と言えるでしょう。

阪急交通社の福利厚生・教育制度④:教育制度について

阪急交通社での教育制度について、ご紹介します。阪急交通社では基本的な研修に加え、職種別にそれぞれ研修が整っています。職種により、専門的知識を深めることができるようになっており、客室乗務員に関しては、入社後すぐに保安訓練と接客訓練に入っていきます。指導員をはじめとして、先輩社員が丁寧に教えてくれるので、入社後の教育制度に関して心配する必要はないでしょう。

阪急交通社の福利厚生・教育制度は職種によって少し異なるがそれぞれ充実している

阪急交通社の福利厚生と教育制度をご紹介しました。阪急交通社は、福利厚生の一環として独身寮と社宅を完備しているので、安心して仕事に取り組むことができる環境であると言えるでしょう。また、休日に関して、職種によって土日休みであるかは異なりますが、十分な休みを確保することができます。その他、福利厚生の一つに育児休業などの制度もあり、利用実績もあるのでライフスタイルに合わせた活躍していけるでしょう。
教育制度についても、入社以降もスキルアップやフォローアップがしっかりと行われ、時代に合わせた教育環境が整っています。
就活生として活動していると、入社後の制度について見落としてしまう部分ではありますが、福利厚生や教育制度をしっかりと把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】