2016年11月29日(火) 更新

三井不動産住宅リースを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

三井不動産住宅リースの業務内容はプロパティマネジメント

三井不動産住宅リースの業務内容について、まずは説明していきます。三井不動産住宅リースでは、マンション管理と入居者フォローを行いながら、オーナー様に更なる資産運用をご提案するコンサルティング業務をおこないます。基本的にはオーナー様目線でいかにより良いマンション経営を行えるかをサポートする業務内容と理解しておけば良いでしょう。

プロパティマネジメントとは3つのサービスで成り立つ

三井不動産住宅リースの業務内容であるプロパティマネジメントとは具体的に見てみると3つのサービスから成り立っています。それは以下の通りになります。

◆リーシングマネジメント
◆建物マネジメント
◆レジデントサービス

この3つのサービスが三井不動産住宅リースの柱です。リーシングマネジメントとは、市場データを分析して、入居率を高めるマネジメント。建物マネジメントとは、賃貸マンションの経営サポート。レジデントサービスとは入居者様に快適に過ごしてもらい、収益の安定化を図る業務内容となります。

三井不動産住宅リースの職種別業務内容を理解しよう

三井不動産住宅リースの会社全体がおこなっている業務内容を理解したところで、次に職種別でさらに詳しくみていきましょう。まず、三井不動産住宅リースで募集される職種は一つです。それは総合職(プロパティマネジャー)となります。新卒社員として入社してからはこの総合職に就き、プロパティマネジメントの基礎を学び、上記に紹介した3つの柱のそれぞれ、あるいは物件ごとに業務を遂行していく事になります。

総合職の業務内容はオーナー様のコンシェルジュ

三井不動産住宅リースの賃貸物件の管理・コンサルティングには様々な知識や業務が伴います。土地利用の段階から賃貸物件の企画、提案。また、入居されるお客様との契約内容の取決め、賃料設定、のちに発生するリフォーム等々。こういった一つ一つの業務をオーナー目線でサポートしていく必要があるのです。

三井不動産住宅リースの労働時間は9:30~18:00が基本

次に三井不動産住宅リースの労働時間に関して説明していきます。三井不動産住宅リースの労働時間は、9:30~18:00が基本です。三井不動産住宅リースでは、月の前半はやや定時以降に働き、後半は定時で帰るというような業務内容のリズムがあるようです。案件の大きさからもこうした形で業務を進行する方が、効率よく結果が出せるのでしょう。

平均残業時間は35時間程度

三井不動産住宅リースの残業時間は月あたり35時間程度のようです。業界内で見ると大変少ないと言えます。前半と後半で労働時間にしっかりと折り合いをつけている社員が多いことからも、残業は不動産業界という大きなカテゴリでみても大変少ない職場環境となるのでしょう。

三井不動産住宅リースではプロパティマネジメントが業務内容の中心であり労働時間は比較的安定している

三井不動産住宅リースの業務内容と労働時間についてご紹介しました。

三井不動産住宅リースはプロパティマネジメントをおこなっている企業です。資産運用や土地活用を行うオーナー様に対して徹底的なフォローをおこなって、よりより賃貸マンションの経営ができるようにサポートしています。

案件に伴って月の初期はやや残業をおこなう事は多いようですが、後半はほぼ定時で帰れるという労働時間も折り合いがつけやすい職場環境と言えるでしょう。

三井不動産住宅リースの選考を受ける前には、こうした業務内容を理解しておくことも重要なので、しっかりと覚えておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。