2016年12月12日(月) 更新

日本特殊陶業を受ける就活生が知るべき福利厚生・教育制度【NGK】

日本特殊陶業の福利厚生・教育制度①:財形貯蓄や持家融資

スパークプラグや自動車センサなどを開発する日本特殊陶業には、ものづくりを支える社員が安心して働けるように、福利厚生や教育制度が充実しています。
福利厚生面では、財形貯蓄や持家融資制度が整っています。

財形貯蓄とは、毎月の給与から一定額を天引きして貯金する制度で、浪費癖のある若手社員でもお金を貯めることができます。
持家融資は国と企業が協力して、勤労者の持家の取得を促進しようとする融資制度です。

社宅や福利厚生施設の利用も可能

日本特殊陶業には、転勤者用社宅や独身者用社宅などを利用できます。ほかにも医療施設や保養所保養、契約リゾートクラブなどの福利厚生施設を利用可能で、仕事で疲れた身体をリフレッシュできます。

日本特殊陶業の福利厚生・教育制度②:休日や有休制度について

日本特殊陶業の福利厚生から充実した休日制度も紹介。
完全週休2日制(土・日)で年間休日は120日。ゴールデンウィーク・夏季・年末年始休暇などの充実した休暇のほか、有給休暇(初年度17日、半日休暇・記念日休暇・傷病休暇制度あり)、リフレッシュ休暇も利用可能です。

日本特殊陶業の福利厚生・教育制度③:充実した社員研修

入社後には新入社員導入研修や新入社員フォローアップ研修などが行われ、社会人としての第一歩を踏み出す準備をしっかりと学べます。
仕事を覚えてからも各階層研修や評価者研修、営業社員研修、技術者研修、事務部門研修、外部専門研修、大学や企業との共同研究、ナショナルプロジェクトへの参加、社内研究発表会など、充実した教育制度が整っています。

グローバルな活躍へ向けた取り組み

海外売上比率が約80%を誇る日本特殊陶業では、社内語学教室、海外赴任前研修、海外留学、海外研修、ライフプランセミナーなど、グローバルに活躍できる人材育成も盛んです。

日本特殊陶業の福利厚生・教育制度④:従業員の行動指針

日本特殊陶業では従業員は最大の経営資源であると考え、従業員の多様性・個性を尊重し、豊かな人材を育成することにより、企業としての発展を目指しています。以下はそのための行動指針です。

【行動指針】
•雇用および就業における差別、各種ハラスメント、強制労働、児童労働を排除し、人権を尊重します。
•「良品主義」を伝承する人材を育成・確保します。そのために、学習や成長の機会を提供するなど、従業員のキャリア形成を支援します。
•多様な個性を有する従業員が、能力を発揮できる人事処遇制度を構築します。

日本特殊陶業は働きやすい福利厚生や新人研修・各階層研修などの教育制度が魅力

日本特殊陶業はものづくりを支える社員を最大の経営資源と考え、働きやすいように福利厚生が整えられています。
入社後も成長できる教育制度があり、チャレンジ精神のある社員の育成を行っています。充実した休暇日数など、働きやすさが日本特殊陶業の特徴です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント