2016年11月29日(火) 更新

日本ケミファの面接の通過率を上げるための対策と回答例

日本ケミファ対策:面接の流れと内容

日本ケミファの面接に至る流れと対策、回答例について紹介していきます。2016年入社の新卒採用の場合、職種別の採用選考が行われました。内定までに最終面接を含めて3回面接を受けた方が多いようです。

和やかな雰囲気の面接

面接の雰囲気は人によって印象が異なりますが、和やかな雰囲気であると感じる方が多いようです。それでは、日本ケミファの面接における質問などの傾向を調べ、対策として備えるようにしましょう。

日本ケミファ対策:面接で聞かれた質問例集

日本ケミファの面接でこれまで質問された質問例と回答例などを挙げながら、面接対策にいかせるようにしました。さまざまな質問例や回答例に隠された意図するところにも触れながら対策に役立つようにしています。

【質問例】
1.志望動機
2.自己PR
3.学生時代に力を入れたこと
4.雑談の中での質問

日本ケミファ対策:面接の質問と回答例①

【質問】
自己PRをしてください。
【回答例】
フリーペーパーのサークル活動で培った、アイデアを生み出す力を御社でも発揮できると思います。私は大学入学以来、10年の歴史を持つフリーペーパーに所属し、編集や執筆を行ってきました。活動の中で他誌との差別化を図るため、1ヶ月に1回のペースで新企画を提案し、紙面に載せてきました。こうした発想力は御社での業務においても活かせると思います。

日本ケミファ対策:面接の質問と回答例②

【質問】
学生時代に力を入れたことは何ですか?
【回答例】
グローバリゼーションと国際経済がテーマのゼミでの活動です。私は政治経済学部国際政治経済学科に所属していますが、2年の後期からアメリカの多国籍企業の研究をテーマにしたゼミに入りました。日ごろは教授から発表された時事問題に対して、考察しプレゼンを行っていましたが、3年の夏季休暇を利用したアメリカでのオリエンテーションを通じて、国際企業の文化にも触れることができました。

面接はコミュニケーションの場であることを意識する

面接は就活生が会社への入社の思いを表現する自己アピールの場でもありますが、面接官とのコミュニケーションの場でもあります。自分自身をわかってもらうために話すことも重要ですが、コミュニケーションという意味では聞く姿勢を持つことも大切です。
実際に業務に取り組むうえでは他者との関わりは必要不可欠であるため、面接の場で自身のコミュニケーション能力を示すことは、選考においても有利になります。日本ケミファの面接では、雑談の中からも個性や適性をみていくため、適切なコミュニケーションを意識しましょう。

日本ケミファの面接では回答例を参考に適切なコミュニケーション能力をアピールするための対策をしよう

日本ケミファの面接における特徴とその対策をお伝えしてきました。例のように、個々人のパーソナリティに関する質問を多く受けるようです。また雑談を通じて個々人の特性や適性をみていくこともあるため、一方的なアピールだけでなく、適切なコミュニケーションを意識することも大切です。日本ケミファの面接に臨む前に、自分自身の行動や考え方を今一度整理しておくことが対策として必要でしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。