2016年11月29日(火) 更新

十六銀行を受ける就活生が知るべき福利厚生・教育制度

十六銀行の福利厚生:社宅・寮が完備されている

十六銀行の福利厚生や教育制度を紹介していきます。まずは福利厚生を見ていきましょう。
十六銀行の福利厚生には社宅・独身寮が完備されています。基本的に勤務地から近いところに備わっているので、通勤の時間が短縮されるのはもちろん、会社が一定の金額を負担してくれるので金銭的な負担も軽減されます。
しかし、利用の際には一定の条件が定められていることがあるので、利用の際にはしっかりと確認しましょう。

連続休暇やリフレッシュ休暇などの制度が整う

十六銀行の福利厚生には仕事の疲れをゆっくりと癒せる休暇制度も充実しています。
土日を含まずに取得でき最大9日間の休暇となる連続休暇制度をはじめ、勤続年数に応じて取得できるリフレッシュ休暇など、ワークライフバランスもしっかりと整えられるような配慮がなされています。

保養所を利用してリフレッシュする事もできる

十六銀行の福利厚生では、各地の契約保養所を一定の割引金額で利用する事が出来ます。この制度を利用する事で、金銭的な負担を減らしながら家族サービスをすることもでき、仕事の疲れをリフレッシュする事も出来ます。

十六銀行の教育制度:手厚い研修制度

福利厚生の次は教育制度を見ていきましょう。
十六銀行は職場内研修(OJT)と集合研修を中心に、それぞれのステージに応じた研修制度が、新人のステップアップをサポートします。一方的な「授業」になりがちな集合研修も、グループ制を採用するなど、新人が積極的に参加できるように工夫を凝らしています。

充実した新人研修

十六銀行入行すると、1年間にわたってフォローアップ研修をうけられます。仕事の心構えから一人前の十六銀行員になるまでの業務スキル向上プログラムが組まれています。その後も、金融のプロを養成するための専門知識を習得するカリキュラムも用意しています。

資格取得を目指した希望制の講座も整っている

銀行業務は専門知識が必要になるものが多く、中には資格がないと扱えない業務もあります。そのため行員は常に社会の情勢や時代に合わせて勉強する必要があり、十六銀行ではそのためのバックアップ制度もしっかりと整っています。行員としてのスキルアップはもちろん、お客さまのライフプランを豊かにするために必要な資格もあるので、積極的に利用する人が多いようです。

十六銀行の福利厚生は生活・休暇制度に手厚く教育制度では全職員がスキルアップできるように配慮されている

十六銀行の福利厚生と教育制度を紹介しました。十六銀行は新人でも業務に早くなじめるような研修と、中層でも成長できる教育制度があります。
また、福利厚生では社員の金銭的な負担を減らす制度や、仕事の疲れをリフレッシュできる休暇制度を充実させており、仕事と普段の生活を両立できるものとなっています。以上の十六銀行の福利厚生と教育制度を把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント