2016年11月29日(火) 更新

東急コミュニティーを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

東急コミュニティーの業務内容はマンション管理事業がメイン

東急コミュニティーの業務内容について、説明していきます。東急コミュニティーのメイン事業はマンション管理事業です。東急コミュニティーの現在の管理規模・管理実績は、マンション約47万戸、ビル約1,010棟となっています。これは、マンション・ビル共に業界でもトップクラスのスケールです。現状維持で満足することなく付加価値の高いサービスを提供することで、東急グループ以外にもビジネスの場を広げ、現在なお企業成長を続けている企業です。

東急コミュニティーは社員のレベルが高い

東急コミュニティーは自社内に法律、会計、設備技術、建築技術等、様々な分野のプロフェッショナルを抱えていることから、管理体制の信頼・評価が高いという点が特徴です。
また、TCBC(東急コミュニティービジネスカレッジ)という名の体系的な教育研修制度を設けることで、人材育成・社員教育も充実しています。

東急コミュニティーの職種別業務内容を理解しよう

東急コミュニティーの会社全体がおこなっている業務内容を理解したところで、次に職種別でさらに詳しくみていきましょう。

まず、東急コミュニティーでは以下の職種に分かれています。

◆運営コンサルタント
◆管理受託(企画)営業
◆技術コンサルタント

上記が東急コミュニティーの職種です。基本的にはコンサルタント、営業、技術の3種類があると理解しておけばよいでしょう。営業職の業務内容は、コンサルタントは資産運用、営業は、管理業務の受託契約を締結、技術は修繕計画立案、改修工事監理がメインとなります。技術職は、施工、設計、一般職は事務系、開発職は商品開発が主な業務内容です。

◆運営コンサルタント の業務内容

建物の資産価値向上やお客様の生活環境をより良くするためのご提案、具体的な問題解決など、施設運営をトータルサポート

◆管理受託(企画)営業 の業務内容

各建物の状況に応じて、管理運営方法や仕様をお客様にご提案、管理業務の受託契約を締結

◆技術コンサルタントの業務内容

設備(電気・機械)又は建築のプロの視点から、定期的な建物診断、保守点検、中長期の修繕計画立案、改修工事監理までをコンサルティング

東急コミュニティーの労働時間は9:00~18:00

次に東急コミュニティーの労働時間に関して説明していきます。東急コミュニティーの労働時間は、9:00~18:00(休憩60分)が原則となっています。労働時間に関しては、東急グループと言うこともあり、大変安定していると言えるでしょう。

平均残業時間は明記されていない

東急コミュニティーの残業時間ははっきりと明記されていません。業界内で見ると大手企業である東急コミュニティーなので、過度な残業時間は考えにくいでしょう。残業時間に関しても、労働時間と併せて確認をした方がより確実な答えが得られるはずです。

東急コミュニティーに新築住宅事業がメインの業務内容で労働時間は職種によって異なる

東急コミュニティーの業務内容と労働時間についてご紹介しました。

東急コミュニティーは、マンション管理事業をメイン事業としています。そのほかにもマンション、ビル、資産運営のコンサルタント業務をおこなっているのです。

また労働時間に関しては、原則、9:00~18:00になっています。基本的には東急グループですので、安定した職場環境と言えるでしょう。

東急コミュニティーに興味がある方は、ぜひ業務内容や労働時間を踏まえたうえで、選考に臨みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント