2016年11月29日(火) 更新

国分のエントリーシート(ES)の通過率を上げる書き方と回答例

国分への就職対策:エントリーシート(ES)の役割

今回、国分のエントリーシートでされる質問と書き方の例を紹介します。企業のエントリーシートを書く上で重要なのは、「何故この質問をされているのか」、「面接官は何を求めているのか」を理解することです。特定の企業に向けた書き方も大切ですが、エントリーシートを書くうえで最も重要な点は、これらを徹底することです。

経験をアピールする

企業が欲している人材は企業の特色がでるものです。国分がどのような業務を行っているかを考えて、必要なものは何か、国分の今後の事業方針はどうなるのかを視野に入れ、回答を考えましょう。自分の経験の中に、国分で役立てるものがあれば、それをアピールする形で文章を構成すると良いです

国分への就職対策:エントリーシート(ES)の質問例まとめ

国分のエントリーシートの質問例を紹介します。

・自己PR
・志望動機
・学生時代頑張ったこと
・働くとはなにか
・社会人とは

国分への就職対策:エントリーシートの書き方の例①

【質問】

自己PR

【回答例】
「私はどんな時でも胸を張っていようという志を持っています。大きな失敗や、凄まじい困難に出会っても、決して足元を見ず、ただひたすらに顔を上げ続けなければならないと思っています。顔を伏せるのは、現状から逃げようとしているだけです。失敗や困難を見ずして乗り越えることはできません。今後もどんな苦難でも絶対に前を向いて行動しようと誓っています。」

国分への対策:エントリーシートの書き方の例②

【質問例】

学生時代頑張ったこと

【回答例】

「学生時代は、体作りに専念しました。今後多くの結果を残していくにはまず土台から築き上げることが必要だと感じ、朝・昼・夜のトレーニングメニューを考え、体力作りを始めました。また、筋力トレーニングや、食事制限をして、健康面も鍛えました。結果、今の私があり、肉体的にも精神的にも成長を遂げられたと感じております。」

国分への就職対策:エントリーシートの書き方の例③

【質問例】

働くとはなにか

【回答例】

「『人に寄り添う』ことだと考えております。やはり、お客様に信頼していただくには、より近くで奉仕することです。現実的な距離感ではなく、気持ちをお客様に近づけて、求めていることを理解することで、心地よさを提供できるものだと考えております。」

国分のエントリーシートは例を参考に自分の経験やスキルを盛り込んだ書き方をしよう

国分のエントリーシートの書き方とその例について紹介しました。国分は顧客のニーズに対応した事業進行で、その業務内容は様々です。国分が求めている人材はどんな要素を持てばよいのかを理解して、合わせたエントリーシートを作成しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント