2016年12月12日(月) 更新

近畿日本ツーリストを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

近畿日本ツーリストの労働環境について①:業務内容

近畿日本ツーリストの労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。近畿日本ツーリストは、国内外の旅行を取り扱う旅行会社です。多様化するニーズに沿って、世界中に豊かな時空間を創造する企業グループを目指し、様々なチャレンジを行っています。それでは、職種ごとに異なる業務内容について見ていきましょう。

職種ごとの業務内容を把握しよう

近畿日本ツーリストでは、Gコース、Rコース、エリア社員の3コースの社員選択をすることができます。それぞれ業務内容に違いはありませんが、給与や勤務地が異なってくるようです。それぞれの違いを下記で確認しておきましょう。

◆Gコース
勤務地はエリアを限定することなく経験し、お客さまと直接関わる仕事等に携わり、プロフェッショナルやリーダーを目指して活躍頂く社員制度です。

◆Rコース
採用の段階で希望する勤務エリア(関東、中部、関西のいずれか)を選択し、入社後はご自身の所属する勤務エリア内で、お客さまと直接関わる仕事等に携わり、プロフェッショナルやリーダーを目指して活躍頂く社員制度です。

◆ エリア社員
勤務地は限定されますが、職種を限定せずに活躍していただく社員制度です。原則的に転居を伴う転勤が無いため、年度ごと(3月)に契約を更改していただき、地域のリーダーとしてキャリアアップを図る制度となっています。

近畿日本ツーリストの労働環境について②:労働時間・福利厚生制度

近畿日本ツーリストの業務内容に続いて、労働時間についてご紹介します。休日休暇や福利厚生が整っている近畿日本ツーリストですが、労働時間に関して実際はどうなのでしょうか。
近畿日本ツーリストの勤務時間は、基本1日7時間45分の勤務時間となっています。また、始業時間・就業時間は勤務先によりこなっています。ある程度の差異は仕方のない事ですが、入社するにあたり、しっかりと確認しておきましょう。

福利厚生が整っているので女性も働きやすい

近畿日本ツーリストの特徴として、旅行会社の中でも福利厚生制度が整っていることが挙げられます。まず、休日休暇の日数として124日とあり、一般的な企業からしても休みが多いと言えるでしょう。福利厚生には育児休職や短時間勤務制度などライフスタイルに合わせた働き方を選択できるので、特に女性は働きやすいと感じるのではないでしょうか。

近畿日本ツーリストの労働環境について③:働くやりがい

業界でも名前の知れた企業である近畿日本ツーリストへ就職すれば、やりがいをもって業務内容に励むことができます。社員教育も盛んで、新人研修やグローバル研修など業界の第一線で活躍できる人材育成を行っています。意欲があればとこまでも成長できる社風があるため、入社後も成長したい意欲のある方にはうってつけの環境であると言えるでしょう。

お客様のために一生懸命になれる

近畿日本ツーリストでのやりがいは、旅行に携われるという業務内容はもちろんのこと、お客様のために一生懸命になれるということではないでしょうか。旅行はお客様の人生の1ページを飾ると言っても過言ではないイベントです。そのひと時のために、一生懸命にお客様と向き合えるというのは、大きなやりがいとなるでしょう。

近畿日本ツーリストの業務内容は国内外の旅行業が主!労働時間は基本7時間45分勤務

近畿日本ツーリストの労働環境についてまとめました。就活生は、この業務内容や企業の指針、労働環境をしっかりと確認した上で、企業にエントリーしましょう。近畿日本ツーリストの業務内容は、国内外の旅行を取り扱う旅行事業です。お客様のために、楽しいひと時を提供することに喜びを感じられる人にとっては、最高の職場と言えるでしょう。
近畿日本ツーリストの労働時間については、基本7時間45分勤務となっていますが、残業やイレギュラー対応といったこともあるので注意が必要です。
このような企業研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業研究を入念に行いましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント