2016年12月12日(月) 更新

就活をするフリーターが押さえておくべきポイント

フリーターは新卒よりも不利になる場合が多い

フリーターからの就活は、新卒や正社員からの転職に比べると難航する可能性が高いです。これは、フリーターという立場であると、社会人経験やスキルに期待ができない為です。また、フリーターは中途採用扱いになります。他の転職者と比べられてしまうため、競争率が高い企業への就職は更に難航するといえるでしょう。

年齢を重ねるだけ経験やスキルが求められる傾向にある

30歳を超えれば、多くの社員が管理職やチームリーダーの立場に就くため、転職においても、年齢に応じてそのような要素が求められます。30歳になってようやくキャリア形成をスタートすることになれば、大きく遅れを取ることになるでしょう。そのため、フリーターや無職など経験が不足している人の採用は、企業も消極的になる傾向にある点は注意しておきましょう。

就活を始める前に自己分析をしよう

フリーターで就活を始めるのであれば、まずは自分に何ができるのか、どのような仕事が向いているのかを考えて準備しましょう。最初に、フリーター時代の経験を思い出せるだけ箇条書きに書き並べます。そして、その中から自分の強みを見つけ、それを活かせる仕事を探しましょう。業種を絞ったら、次は自分の強みを活かせる上に自分に向いている企業を探します。

就活の準備が不十分であれば成功しない

フリーターで就活をするのであれば、しっかり準備しておかなければなりません。この準備が不十分であれば、就活を成功させることは難しいでしょう。正社員からの転職や、新卒からの就活に比べると、準備の面で様々なことに悩むことになります。自己分析をする際には、どのような小さな経験でも良いので、それらの経験においてどのようなものを得たのかを考えて準備しましょう。

フリーターをすることになった理由を尋ねられる

フリーターで就活をする際には、面接で「なぜフリーターをすることになったのか。」ということを質問されることが多いです。就活に失敗してフリーターになったことを伝えても構いませんが、大学を卒業してから数年が経過している場合は、就活から逃げ続けてきたと思われる可能性があります。この場合は、どうしてもやりたかったことがあるなど、納得してもらえる理由を伝えましょう。

フリーター期間は短い方が良い

フリーターでの経験は、正社員の経験と同じようには評価してもらえません。アルバイトに任せてもらえる業務の範囲は限られているので、正社員程の責任ある業務を任せてもらえないためです。フリーターの期間は、できるだけ短い内に就活を始めた方が良いでしょう。どうしても長くなったのであれば、その理由を伝えた上で反省点を述べ、これからどうしていきたいのか考えて準備し、伝えましょう。

フリーターで就活をするのであれば自己分析などの準備をしよう

フリーターで就活を行うのであれば、自己分析をしっかりして準備を整えることが大切です。自分の経験を箇条書きにして、自分の強みを知りましょう。その強みを活かせる仕事と企業を探すことが大切です。また、フリーターでの就活は、新卒や正社員からの転職に比べると難航する可能性が高いので、できるだけフリーターの期間が短い内に準備をし始め、就活を始めましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【22卒の皆さま宛て】

    都合の合う日時がない方はこちら。エントリー後、お電話で日程調整をいたします。