2016年11月29日(火) 更新

半導体商社へ就職する際に必要になる能力

半導体商社への就職には語学力が必要

半導体商社は、国内外問わずに営業活動を行っています。開発された一つの半導体が画期的な発明として、新商品の内部に収められ、それが世界中に広まる事はよくある事です。そのため、半導体商社に就職するためには、英語を基本として複数の言語を身につけておく必要があります。これは、取引先が先進国だけではなく、英語が通じない発展途上国や新興国にも及ぶためです。

コミュニケーション能力も半導体商社への就職には必要になる

半導体商社に就職するためには、コミュニケーション能力が必要です。日本人を相手にした営業であれば並のコミュニケーション能力で問題ありませんが、外国人を相手にする場合は言語の壁もあるため、更に高いコミュニケーション能力が必要になります。学生の内に様々な国に留学しておく事で、外国人に対してコミュニケーションが取りやすくなり、有利な就職につながるでしょう。

半導体商社では相手のニーズを引き出す高い営業力が求められる

半導体商社に就職するためには、相手のニーズを引き出して柔軟に応える高い営業力が必要です。具体的にどのような製品を求めており、そのためにどういった半導体が必要になるのかを聞き出す必要があります。日本人相手ではなく、外国人を相手にしてここまでの営業ができるかどうかが重要です。そのため、語学力の水準が非常に高ければ、それだけ就職には有利になります。

半導体商社への入社には最低限の語学力が必要

半導体商社に就職し、世界中を飛び回りたいのであれば高い語学力が必要です。しかし、営業の補助や顧客の対応の業務に限定するのであれば、それほど高い語学力は求められません。それでも、英語でメールによるコミュニケーションが出来る程度の語学力は求められるため、これをクリアしていない場合は半導体商社には就職する事は難しいです。

自ら率先して行動していく営業方法が半導体商社では推奨されていることが多い

半導体商社に就職して、全て先輩社員の指示に従って行動しているようでは成長は見込めません。マーケティングの方法や営業方法は基本を除いて全て自分で考えて行う事になります。枠に捕らわれない方法で事業を拡大したり、取引先を増やしていく能力が求められます。成果を出すことができれば、自分のやり方を認めてもらう事ができます。

業界の動向にアンテナを張りいち早く行動できる能力が必要とされる

半導体商社に入社したら、同業界での動向をいち早くキャッチし、順応することが求められます。新しい情報をいち早く得ることによって、そこからどういった事業を展開すればいいのかを考え出して提案することが重要です。社員一人一人に求められるため、こういった行動ができなければ次々と新入社員に追い抜かれていきます。

半導体商社に就職するには「コミュニケーション能力」「語学力」「行動力」が必要になる

半導体商社は、国内外問わずに営業活動を行っているため、高い語学力が必要です。また、言語の壁に阻まれないために、それだけ高いコミュニケーション能力が求められます。営業の際には基本的なことのみ教えられ、後は自分で方法を考えて自主的に行動しなければなりません。こういった事を知った上で、半導体商社への就職を目指しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント