2016年11月29日(火) 更新

留学生の評価は?就活で取るべき行動

英語で就活は有利に進められない

留学生が就活でしてしまいがちなミスが、英語力をアピールしてしまうことです。長期留学でなくても、1ヶ月程度の短期留学でもある程度の英語力は身に付きます。企業としては、英語ができる人材が欲しいのではなく、自分で考えて道を切り拓く人物が欲しいと考えているので、英語力が高いことをアピールしても高評価は得られません。

留学経験は就活においてステータスになるとは限らない

留学生として、どれだけ長期間海外で生活していたとしても、就活においては評価になりにくいです。留学生でなければ経験できないことを経験し、それによって留学生以外の就活生が得られていないことを得られた場合に限って、就活を有利に進められるようになります。留学前に、どういったことを経験して、何を得たいのか目標を決めておきましょう。

留学生はグループディスカッションでミスをしがち

海外では、基本的に積極的に発言する方が好ましいと考えられています。しかし、日本では気づかいができたり、周りの状況などを見つつ考えて発言することが好ましいと考えられています。留学することで、自己主張ができるようになることもありますが、国内の企業の選考で行われるグループディスカッションで自己主張が激しすぎると、逆に評価を落とすことになるので注意しましょう。

留学生であっても他の就活生と評価はさほど変わらない

留学生は、他の就活生と評価や扱いは変わりません。つまり、留学したからと言って特別扱いされる訳ではないということです。グループディスカッションにおいて、自分の意見が正しいと言わんばかりに反対意見ばかり出したり、半強制的にリーダー役を買って出るといった行為をしてしまうと評価を落とすことになるので注意しましょう。

留学生は環境適応能力の高さを武器に評価を上げよう

留学生であることを武器にして就活を有利に進めたいのであれば、環境適応能力の高さを武器にしましょう。留学先では、言語だけではなく文化も異なるため、馴染むまでにいくつかの苦労があったはずです。どのように工夫をして、その環境に適応したのか、具体的な方法や理論を伝えることで、就活において高評価を得られることに繋がります。

留学生は積極性を武器にしよう

留学生は、理由が何であれ、住み慣れた土地を離れて異なる環境で暮らすことを決意できる積極的な人物と言えます。好きなことにのみ積極性を発揮できるとしても、就活で受けている企業の仕事が、その好きなことになれば、より高い能力を発揮できるようになるでしょう。積極的であるだけではなく、現地で具体的にどのような努力をしたのかなどを伝えることが大切です。

留学生は就活で苦戦する恐れがあるので環境適応能力や積極性をアピールして評価を上げよう

留学生の評価はと、就活で取るべき行動について紹介しました。留学生であることを就活で活かすためには、環境適応能力や積極性を武器にする必要があります。英語力の高さなどをアピールしても、企業は通訳が欲しい訳ではなく、自分の力で道を切り拓く人物を求めているため、高評価を得ることには繋がりません。また、留学生だからと言って特別扱いされる訳ではないので、就活に失敗しないためにもしっかり準備をしておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【コールスタッフ募集】高時給×インセンティブ×柔軟シフトOK!

    エントリー後、【03-6435-0800】より面談についてお電話いたします。