2016年11月29日(火) 更新

留学による留年を就活で不利にしない方法3つ

就活で不利にしない方法①:前向きな留学理由を考える

留学をして留年した経験を就活で不利にしないようにするには、前向きな理由を明かしていかなければなりません。留年してまで留学した行動には、かならず何らかの理由があったはずです。それが分からないと、今の現実から逃げたいから留学して留年したと思われてしまうでしょう。

後ろ向きの理由での留年は印象が悪い

何らかのきっかけがあり、確固たる意思の元起こした留学であれば、それは逆に留年した行為によって就活での印象が良くなる可能性もあるでしょう。ですが、明確な理由もなくただなんとなく留学して留年したと思われてしまうと、行動原理が不明確な人とされてしまい、就活での印象が悪くなるのです。ですので、そうならないようしっかりと行動原理を明かしていきましょう。

就活で不利にしない方法②:留年した理由も伝える

留学するにしても、留年しない選択肢もあったはずです。結果的に留年になってしまったのにも、当然理由が存在するでしょう。ですから、就活ではそれも伝えるようにしていかないとなりません。留年しないという選択肢を選ばなかった理由を考えておきましょう。

成し遂げたい目標があったなどの理由が効果的

当然ながら、就活ではその理由も曖昧な内容ではダメです。期間をかけないと成し遂げられない目標があり、そのために留年して留学した、などの理由が望ましいでしょう。それならば、強い意思のもとでの行動となり、逆に印象が良くなる可能性も大いにあります。

就活で不利にしない方法③:留学で成し遂げた結果を見せる

留年してまで留学した行動を就活で不利にしないためには、それによって成し遂げた結果も見せないとなりません。留年するほどの長期間留学ですし、成し遂げたい目標があったなどの理由になっているはずです。ですので、就活で不利にならないためには、成し遂げた結果が必要になります。

留学での結果がなければ信憑性がない

もしそれが見せられないのであれば、ここまでのきっかけや理由など、全て嘘に見えてしまいます。それらの全てが嘘に見えてしまったら、当然留学して留年した印象も悪くなってしまうでしょう。ですから、就活では何かしら留学中に身に着けてきた成果を見せていく必要があるのです。

留学による留年を就活で不利にしないためには納得させる必要がある

留学による留年を就活で不利にしない方法を紹介していきました。留学による留年を就活で不利にしないようにするには、まず、しっかりと留学のきっかけや理由を伝えましょう。さらに、留年してまで成し遂げたかった目標は何なのかを明かし、留学の成果を見せるという流れが必要になります。この方法で、面接官の疑問点を削り、納得させていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

電気代を賢く節約!今よりもお得に使える電気会社をご提案<全国申込可能>

    エントリー後【0120-426-647】から詳細のお電話を差し上げます。