2016年12月12日(月) 更新

就活に必要な準備しておきたい資金額

就活ではスーツ・靴・鞄などを買う必要がある

就活が始まるともなれば、就活生が皆用意する必須アイテムがあります。それはリクルートスーツと、鞄、靴など、身の回りのもの一式。まずはこれがなければ始まりません。スーツだけであれば、大手量販店で一万円前後からあります。さらに靴や鞄も、となると4万円前後からのリクルートセットを用意している店舗も。大学の入学式で買ったものがあるから大丈夫、というあなた。そのスーツを今でも着る事が出来るかどうか、就活にふさわしいかどうか、今一度チェックしてみて下さい。身の回りを整えるだけである程度資金が必要です。

履歴書や貼る写真にも資金が必要

そして更に、こちらはどんな業界、どんな業種を受ける時でも必要になる、就活必須アイテム「履歴書」と「履歴書に貼る証明写真」。履歴書は大学の購買で販売されている事が多いですが、一体何枚必要になるかわかりません。同じく履歴書に貼る写真も、可能であれば街の写真館で撮影してもらった方が、仕上がりが綺麗なのでおすすめです。撮影代、写真の印刷代、そして焼き増しをお願いする事になるかもしれません。他に書籍や文房具など、こまごまとした出費も。ここにも資金の投入が必要です。

就活の資金は交通費と宿泊費も意外とかかる

大学がある場所が地方であれば、その都度説明会や面接に出向くのに、多額の交通費と、場合によっては宿泊費がかかります。企業が多く集まる大都市近郊の就活生でも毎日のようにあちこちの会社を訪問していれば、交通費がかさみます。道に迷った、遅れてしまいそう、最初の面接が押して、次の面接に間に合わない、などという理由でタクシーを使う事もあるかもしれません。交通費は就活期間中、コンスタントにかかる出費。交通費用の資金もある程度必要なのです。

地方の就活生は資金に余裕をもっておきたい

地方から企業が集まる大都市へ出向いて就活をする場合、いったいどれくらいの資金が必要なのでしょうか。移動手段も、飛行機や新幹線、高速バスなど多くありますが、一回の往復で就活が終るわけでもなく、説明会、筆記試験、数回の面接を数社、と考えただけでも多額の資金が必要です。また、宿泊にネットカフェを利用する就活生もいるのですが、熟睡できる環境ではなく、疲れが取れにくいのであまりおすすめできません。安いビジネスホテルでも、一泊5,000円前後はかかります。地方の就活生は、より多くの資金が必要です。

就活での資金は最低でも10万円は用意する

就活が始まり、内定をもらって就活が完了するまで、独自調べによると平均的に都市部の学生は約10万、地方の学生は約30万ほどかかるようです。とは言っても、これは平均値。あっという間に内定がもらえれば交通費などが浮きますし、逆になかなか希望する会社から内定がもらえず、就活が長引く可能性もあるのです。いつ終わるのか分からない就活。資金が尽きて面接に行けない、などという事が無いように、多めに用意しておきたいですね。

就活中のアルバイトはシフトが入れにくいので注意

普段はアルバイトでお小遣いを得ている人も、就活中は今までと同じペースでアルバイトが出来るかどうか、よく考えた方が良いです。一次面接に通ったから、次はこの日に来てください、と企業から次の面接の日時を指定されるのは良くある事。就活中の身である以上、面接には必ず行かなければいけないけれど、急に休みを取ったり遅刻をしたりすれば、アルバイト先の他の従業員に迷惑をかけてしまいます。また、企業が休みの土日も、合同説明会やセミナーが行わる事があり、出来るだけ自由になる時間を多く作っておいた方が、就活に集中しやすいのです。就活で必要な資金は、就活が始まる前に貯めておくつもりで、貯蓄の癖をつけておきましょう。

就活に必要な資金は最低でも10万円でとくに地方の学生は交通費などに気をつけよう

就活の準備のために、スーツ一式や履歴書、写真など、多くの資金が必要です。また地方の学生であれば、就活のための交通費や宿泊費も多くかかり、資金はさらに必要。また就活中はアルバイトを多く入れる事が難しくなるので、就活資金を早めに用意し、貯めておく事が大切です。早く就活が終り、資金が少なくて済むように、就活の対策はしっかりたてて勉強と準備をしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント