2016年11月29日(火) 更新

就活が始まる3月までに必要な準備

就活が始まる3月以降のスケジュールを把握しておく

就活は、本来12月から本格的に始動していましたが、2016年卒からは3月に後ろ倒しになっています。3月にプレエントリーが開始され、企業説明会が行われます。また、一部の企業ではインターンシップの募集が始まったり、企業の社員と就活生との食事会などが行われます。企業研究のために必要なOB訪問なども活発化していきます。

就活が始まるまでに企業研究を済ませておく必要がある

3月に就活が本格的に始動したら、OB訪問を行うことになります。OB訪問をするまでに、ある程度企業研究をしておく必要があります。企業研究の内容を更に充実させるために、OB訪問を行うということを覚えておきましょう。複数の企業の選考を受けるのであれば、遅くとも3ヵ月以上前から企業研究を初めておく必要があります。

就活が始まるまでに必要なお金を準備しておくことが必要になる

就活中は、企業説明会やセミナー、OB訪問や選考などを受けることになるため、それだけ多くの交通費がかかります。特に、地方に住んでいて、その度に主要都市に行くのであれば、それだけ多くの交通費がかかります。大体30万円程度は用意しておいた方が良いでしょう。それだけ貯金するためには、大学に入学してからアルバイトを始めて、計画的に貯金する必要があります。

有料の就活セミナーへの参加はよく考えて決めよう

3月の就活が本格的に始動するまでに、就活セミナーが開講されます。新卒であれば無料で受けられる就活セミナーが多いですが、一般企業が行っている場合には有料であることがほとんどです。そういった就活セミナーを受けるのであれば、お金を払ってまで参加する意味があるかどうかをよく考えましょう。3月から多くのお金が必要になるので、節約できる部分は節約することが必要です。

遅くとも3月までにスーツを準備しておこう

3月の就活の本格始動までにスーツ一式を揃えておきましょう。既にスーツを持っていても、就活の際に着用するのに相応しくない、デザイン性が高いものであれば新たに購入しましょう。スーツだけであれば2万円程度で済みますが、一式揃えるとなると場合によっては7万円以上かかることもあるでしょう。洗い替えのワイシャツなども購入しておくことが大切です。

証明写真や化粧品も3月までに準備する

3月までに、履歴書やエントリーシートに貼り付ける証明写真を用意する必要があります。証明写真は、できるだけ写真館などで撮影してもらった方が良いですが、料金がそれだけ高くなります。5,000円程度かかるので、その費用も用意しておきましょう。また、女性であれば就活中は化粧をしなければならないので、普段は化粧をしないのであれば、新たに化粧品を一式揃える必要があります。

3月までに就活に必要なものは「お金」「スーツ」「証明写真」など

3月に就活が本格始動すれば、毎日のように外出をすることになります。そのため、交通費だけで10万円以上かかることもあるでしょう。地方から主要都市に行くことが多いのであれば、30万円程度用意する必要があります。また、3月の就活が本格的に始動するまでに、有料の就活セミナーに参加するのであれば、その内容が価値のあるものかどうかしっかり見極めましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント