2017年06月27日(火) 更新

リクルーター面談が行われる時期と内定への影響

リクルーター面談に参加したことがある就活生は少ない

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「リクルーター面談に参加したことはありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • ないです。
  • いいえ。今後する予定です。
  • ありません。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「リクルーター面談に参加したことはありますか?」

アンケートの結果から、リクルーター面談に参加したことがある就活生は少ないことが分かりました。
リクルーター面談は、就活生なら誰でもできるわけではないので、「ないです」という回答が目立ちました。しかし、中には「いいえ。今後する予定です」と答えてくれた人もいました。
そこでこちらの記事では、リクルーター面談がおこなわれる時期と内定への影響について詳しく解説していきます。

内定率にも影響するリクルーター面談とは?

リクルーター面談を知っていますか?リクルーター面談とは、本選考とは別に実施され、企業のリクルーターと呼ばれる社員と1対1で面談をし、質問会などを行うものです。
しかし、実際にはリクルーター面談を選考の一部とする企業が多く、リクルーター面談を受けた学生は、就活が有利になる可能性が高いです。インターン参加者や個別で話してみて優秀だなと感じた学生に対して、企業が面談する場を設けます。

リクルーター面談の結果によって一次・二次選考を免除されるケースも

リクルーター面談を行って会社が優秀だと判断した学生に対しては、一次選考や二次選考を免除するケースもあるようです。そのため、リクルーター面談は内定率に大きな影響を及ぼします。
内定率に影響するリクルーター面談ですが、具体的に行われる時期はいつになるのでしょう?

リクルーター面談が行われる時期とは

リクルーター面談が実施される時期はいつ頃なのでしょうか。
企業によってリクルーター面談を行う時期はさまざま。しかし、就活の時期が確定している以上、実施する会社が多くなるタイミングがあります。

リクルーター面談が集中するのは4月・5月と予想

リクルーター面談が行われる時期は、以前は1月、2月に集中していました。2016卒以前は、12月に情報解禁、4月から本格的な選考開始だったため、それよりも少し早い1月、2月に企業が学生に声をかけていたのです。
2017卒の就活は3月に情報解禁、6月から本格的な選考がスタートします。ですから、リクルーター面談が集中するのは、6月より前の4月か5月と予想できます。

リクルーター面談と内定率の関連性

内定率が上がったり合格時期が早まったりする

リクルーター面談で自己分析をしてもらったり、実際に勤務している人、それこそ役員クラスと会わせてくれる企業もあります。必然的に他の就活生よりも質問する回数や、その企業への知識が増えますので、結果として内定率があがったり、合格時期が早まったりするのです。

面談をしても気を抜かない

間違ってはいけないのは、最終的に内定を出すかどうかの判断をするのはリクルーターではなく、役員や社長、人事部であるという点です。
当然、面接をするリクルーターも「結果が悪かったら、どうしよう」と不安になるので、面談は慎重になります。
実際の選考で、役員や社長と面接をしても最大限のパフォーマンスを発揮できるように、リクルーター面談の場を大いに活用しましょう。

リクルーター面談の時期は4月・5月と予想!企業への理解が深まるため内定率が向上する

リクルーター面談が行われる時期と内定への影響について説明しました。
リクルーター面談の内容は企業や学生によっても様々ですが、企業側は学生に自社を好きになってもらおうと、労力を惜しみなく使ってくれる期間でもあります。
リクルーター面談は、4月、5月に始まると予想されます。もしもリクルーター面談の機会を獲得したら、最大限そのチャンスを活かすために、自己PRしたり、企業について質問をしましょう。一次選考や二次選考を免除されるケースもあり、内定率も上がります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント