2019年11月29日(金) 更新

フットサルに関わる会社に就職するための方法とコツ

フットサルに関わる会社は限られている

フットサルは近年になって日本に根付いてきましたが、その知名度や将来性については未だ不透明な部分があります。サッカー人気の陰に隠れている一方で、社会人などからは運動目的で人気の兆しが現れていますが、未だ不安定と言えるでしょう。その中でフットサルに関わる会社の数はまだ少ないのが現状です。フットサルが定着していくにつれて会社の数も増えていくでしょう。

都会ではフットサル場を運営する会社も増加傾向にある

近年ではフットサル人口が増えてきている背景もあり、都会を中心にフットサル施設が整備されています。また、フットサル場運営を行う会社では施設整備業務だけでなく、土日祝日にはイベントや大会を開催したりなど、精力的に動いています。しかし、この流れは都会中心で、一方で地方ではまだ施設すら整っていないのが現状です。そのため、コート施設運営に携わる会社には、都心や大阪といった都市部で就職することになります。

フットサル専門のメーカーに就職するにはビジネスマナーやスキルが大事

徐々にフットサル人口が増えている中で、フットサルに特化した製品を扱う会社も増えてきました。各メーカー会社に就職するためには、社会人としてのビジネスマナーやスキルが求められているので、敷居自体は高くないと言えるでしょう。中には簿記知識を求められたり、外国語スキルが必要になったりと条件は会社によって様々ですが、サッカー用品メーカーと比較しても難易度は低くなっています。

メーカーだけでなく取次店も就職先の選択肢としてある

フットサル用品メーカー会社に就職するよりも、より敷居が低くなるのが取次店への就職になります。メーカーとショップの間に仲介し、各ショップや問屋へ商品の発注を行いますが、ここでは社会人としてのスキル意外にも実務レベルでの資格やスキルが必要です。主に即戦力としての人材を求めている傾向にありますが、各求人サイトの会社情報をもとに精査して、どのような人物を求めているのかを把握することが内定への近道となります。

人気企業内定者の「ガクチカ」を見てみよう

学生時代に力を入れたことは、就活の中でも大切なアピール要素です。学生時代に力を入れたことを正しくアピールして、学生時代の経験やそれによって得た能力を伝えましょう。学生時代に力を入れたことを考えるときに活用したいのが『人気企業内定者の「ガクチカ」まとめ』です。作り方や例文18選を収録しています。無料でダウンロード出来るので、面接対策中の就活生にもおすすめです。

フットサル関係の会社は東京を中心に拠点を置いている

地方では未だフットサルの文化が根付いておらず、フットサルの世界に就職したいのであれば東京が中心となります。各種メーカーが集まっている、そして各種フットサル場が整っているといった理由から競技人口も自然と多くなっている商圏だと言えるからです。フットサルを取り巻く会社は複数あるものの、未だ東京を中心に拠点を置いている会社が多いのも事実となります。

就職するには情熱だけでなく社会人としてのマナー実務スキルが大事

何よりも大切なのが、フットサルが好きで関わりたいという気持ちだけでは就職ができないという点です。指導者としてのライセンスを取得するためにチームのコーチに就職したり、各種用品を扱う会社に就職しても、社会的な能力が欠如していれば活躍できません。大切なのはフットサルへの情熱よりも、社会人としてのマナーや実務スキルであり、会社もそれらを兼ね備えた人材を求めているのです。

フットサル関係の会社に就職するにはビジネスマナーやスキルを身につけ東京を中心に行うのが大事

フットサルの世界というのは特別な世界ではなく、銀行や商社に就職することと同じです。そのため、就職活動のプロセスも同じになることから、必要なのは社会的な能力となります。実務で役立つ簿記知識やオフィスソフトの使用能力、マナーなどを身につけるのがフットサル関係の会社に就職する近道です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

今月中の内定が可能な就活エージェントサービス

    07/12 (10:30~12:00) 【※オンライン開催※】