2016年11月29日(火) 更新

高校教師のなり方と英語を教えるために必要なスキル

英語の高校教師になるには大学で免許を取る必要がある

英語の高校教師のなり方として、まず始めに大学を選びましょう。英語の高校教師のなり方として、大学で教員免許を取得するのが一般的です。そのため英語の教員免許が取れる大学に入学する必要があります。教育大学や教育学部などはもちろん、一般の学部でも教員免許が取れますが、大学によっては一般の科目の他に教員免許を取るための科目を取ると授業の負担が大きくなるので注意しておきましょう。

2週間の教育実習は先生になるために必須

教師のなり方として、大学で教職課程を取るのが最初に挙げられます。教育実習は、英語の高校教師になるためには必ず必要です。教育実習は3年から4年の間に行われ、高校教師の場合は2週間の期間で実習をします。自分の母校で教育実習をする場合がほとんどで、実習では授業の進め方やプリントの作り方など高校教師としての仕事を実際に行わなくてはいけません。英語の高校教師のなり方として、実習が必要なのを覚えておきましょう。

教員採用試験に合格すると高校教師になれる

大学を卒業し、英語の教員免許を取得したからと言ってすぐに英語の高校教師になれるわけではありません。英語の高校教師になり方の最後のステップとして、教員採用試験の合格が必要です。教員採用試験は私立高校と公立高校で異なり、公立高校の場合は一般教養などの筆記試験から面接や小論文などの試験を2~5日かけて実施します。私立高校の場合はその高校独自の試験に合格しなければなりません。英語の高校教師のなり方として、ここが最も大変だといえるでしょう。

大学院に進んで教員免許を取る方法もある

英語の高校教師のなり方として一般的なのは大学で教員免許を取ることですが、大学院でも教員免許を取ることができます。大学院では、英語教育をさらに専門的に学べるでしょう。大学院で教員免許を取得した場合の教員採用試験の合格率は比較的高いですが、入ったからと言って英語の高校教師になるのに有利ということはありません。その選択肢はさらに深く学びたい場合の選択肢の一つです。もし採用試験に落ち、あきらめきれなかったら大学院を卒業したなり方があるのも覚えておくといいでしょう。

英語の高校教師になるなら教えるスキルが必要

英語の高校教師のなり方として、当然のことですが英語のスキルを上げておくことは必須です。英語の授業の際には教科書があり、ある程度の授業の進め方は事前に準備できますが生徒からの質問にすぐに答えられなければなりません。いくら自分に英語の能力があっても教えるスキルとは必ずしも比例しないものですが、常に英語に触れるなどして英語の感覚を身につけておくのが大切です。なり方を確認したら、教えるスキルについてもしっかり磨いていきましょう。

クラス運営や進路相談できるスキルも大事

英語の高校教師に求められるものは、英語の専門的な知識はもちろんですが知識だけでなく教えるスキルが求められます。また、高校教師となるとクラスの担任になることもあるでしょう。生徒一人一人に愛情を持って接したり、進路のアドバイスを的確にできるよう常に進学や就職の情報を仕入れたりなど英語だけでなく幅広い知識や情報が必要になります。英語の高校教師のなり方としては、スキルだけでなく生徒と向き合えるだけの愛情や情報も必要です。

英語の高校教師のなり方は大学などを卒業して採用試験に合格することでありクラス運営や進路相談ができるスキルも大事

英語の高校教師のなり方と求められるスキルについて述べていきました。小学校の教師になり方は限られていますが、高校教師となるとどの大学でも教職の科目を取れば教員免許を取得でき、また大学院でも教員免許が取れるため比較的選択肢が多いです。英語の高校教師のなり方としては、英語の知識だけでなく高校教師としてのクラス運営など幅広いスキルが必要となります。大変でしょうが、それだけやりがいのある仕事です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント