2016年11月29日(火) 更新

客室乗務員になるために就活でおさえておきたいポイント

客室乗務員になりたい明確な理由を持っているかが重要

まず大切なのはどうして自分が客室乗務員になりたいのか、自分は客室乗務員に向いているのか、そのためにどのようなことをしたらいいのかなど具体的に知っておくことです。小さいころからの憧れという人も多くいるかもしれません。しかし憧れだけでは客室乗務員にはなれないでしょう。憧れているなら、就活に備えて実際に働いている人に話を聞いてみる、自己分析してみるなどして客室乗務員への道を具体的にしていくのが大事です。

就活では具体的な実績や努力をアピールするのが大事

就活の時に必要とされるのは自分がどのような理由で客室乗務員になりたくて、そのために何をしてきたのかです。憧れだけなら誰もが持っていますが、その上で何をしてきたのかというのが就活では重要だと言えます。例えば、英語を勉強してTOIC600点あります、接客業のアルバイトで自分を磨いています、などの一言があれば、就活で具体的に取り組んでいることをアピールできるでしょう。

接客業のアルバイト経験は就活でアピール材料になる

客室乗務員の仕事は基本的には接客業ですから、就活前に事前にアルバイトとして接客業をしておくといいです。自分に合っているかどうか確かめることもできますし、そこから経験を積めるメリットもあります。接客業をしてみて学んだお客さんとの話し方や臨機応変な対応などは就活の時のアピールのみでなく、その後働く時にも活かせるでしょう。

自分のアピールポイントは就活が始まる前に作っておくのがおすすめ

客室乗務員になりたいと思う就活生は、まず自己分析をしてその理由を明確にしましょう。憧れだけではいけません。その後は就活でアピールできるようなポイントを作るのが大事です。自分をアピールするためにはどうしたらいいのか、就活が始まる前に考えておくのがいいでしょう。例えば言語を学ぶ、アルバイトの経験をする、学業を伸ばすなど具体的にアピールできる点があると就活では有利になります。

客室乗務員採用の面接では丁寧な言葉遣いを心がけるのがポイント

客室乗務員の面接では、他の就活とは違ったポイントが見られるそうです。その一つが丁寧な言葉遣いだといいます。飛行機に乗った時客室乗務員の方はどなたも綺麗な話し方をしていますよね。その素質を客室乗務員の採用試験では見られるそうです。最初から全て完璧にできる必要はありませんが、最低限聞き取りやすい声ではっきりと丁寧に話をする必要があります。また、その際の物腰や振る舞いも大切なポイントです。

面接では身だしなみも大切

もう一つ客室乗務員になるための面接で重要なポイントがあります。それは、身だしなみです。エントリーシートなどでは写真も大切ですので、しっかりとメイクをして顔を出して明るく撮るようにしましょう。面接の際にも、メイクはナチュラルでもしっかりと、髪も長ければまとめておくのが必須です。客室乗務員は接客業ですから、綺麗に見せることでアピールにつながります。

客室乗務員になるための就活でのポイントは志望理由・接客業のアルバイト経験・言葉遣い

客室乗務員を目指しているならばまずは自己分析をしっかりしておきましょう。どうして客室乗務員になりたいのかをはっきりさせてその上で具体的なアピールポイントを作っておくと良いです。また就活が始まったら丁寧な言葉遣いを心がけて、面接ではしっかり身だしなみを整えていきましょう。ポイントを押さえておくことで就活を成功に導くことができます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【コールスタッフ募集】高時給×インセンティブ×柔軟シフトOK!

    エントリー後、【03-6435-0800】より面談についてお電話いたします。