2016年11月29日(火) 更新

インターンシップへの参加をスポーツ関連会社にすることで学べる内容

スポーツ業界のインターンシップでは実践型が多い

インターンシップは様々な業界で開催されていますがスポーツ業界、スポーツ関連業界でのインターンシップも少なくありません。スポーツ業界でのインターンシップの特徴は、実践型が多い傾向にあります。特にトレーナー分野での実践系が多く、現場を通して高い専門性を身につけることが可能になっています。

トレーナーやスポーツメーカーに興味のある人はおすすめ

インターンシップでスポーツ業界を目指しているのであれば、そこで働いている人たちについての理解が必要です。基本的にスポーツ業界は「プロスポーツ選手」が中心におり、その周りをスタッフやスポンサーが固めている形になっています。具体的に言うとトレーナーやスポーツメーカー、またコーチに監督等があるでしょう。したがって、こうした仕事に興味がある人は、スポーツ業界のインターンシップを受けるべきなのです。

インターンシップではスポーツメーカーの採用枠が多い

スポーツ関連企業は多くありますが、特に採用数で多い分野が「スポーツメーカー」です。スポーツメーカーではプロスポーツ選手が、最大限にパフォーマンスを発揮できるように道具を提供します。例えばスポーツウェアやスーツ、シューズ、グローブ、またラケット、バット等様々なものを製造しているのです。そして、こうしたメーカーもインターンシップを開催しています。

給与をもらいながら仕事に従事するケースもある

スポーツメーカーは大手企業を中心として、インターンシップを開催しています。インターンシップの内容としては、短期のものであれば社員とのディスカッションを通して、現場の知識を身につけたりします。また長期のものであれば、現場で社員と混じって企画立案をしたり、給料を受取りながら仕事に従事するケースもあります。こうしたプログラム等が開催されています。

スポーツトレーナーは選手と付きっきりになる場合が多い

スポーツ関連産業には、メーカーだけでなくトレーニング施設などもあります。ここで働く人をトレーナーやインストラクターなどと言います。そして、こうした人たちは選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるように、コンディションを整え、体の調整をしたり、体調管理などをします。選手とつきっきりになり、万全の体調で臨めるようにすることが、スポーツトレーナーの役割になっているのです。

スポーツトレーナーの場合短期のインターンが多い

スポーツトレーニング関連の企業でも、インターンシッププログラムを開催しています。ここでは短期インターンで開催されていることが多く、実際に自分の体を動かして体で覚えていくプログラム等が開催されています。また長期では現場の選手と一緒になりながら、サポートをするプログラムも少なくありません。こうしたインターンシッププログラムを受け、現場での知識・技術を学ぶのです。

実践型が多いスポーツ業界のインターンシップでは職種に応じた現場での知識・技術が学べる

スポーツ業界のインターンシップについて見てきました。スポーツ関連産業には大きくスポーツメーカーとスポーツトレーニング会社の2つがあります。したがって、もしスポーツ関係で働きたいのであれば、いずれかの会社のインターンシップに参加して見るのが良いでしょう。そして学校では学べない知識・技術を身に付け、キャリア形成に役立ててください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

最短選考1回で内定が狙える“特別選考枠”をご用意しました

    エントリー後、日程調整のお電話を差し上げます。