2020年07月07日(火) 更新

植物園の職員として就職したい人が知っておくべき働き方

植物園に就職したら作業だけでなくイベントの企画も行う

植物園の職員として就職したい場合は、まず仕事内容について知っておきましょう。実は想像以上に植物園で働くスタッフというのは、色んな細かい作業が待っています。例えば清掃や雑用はもちろん、植物が安全に長く生きるために室内の管理を徹底して行い、定期的に水やりをしなくてはいけません。時にはイベントの企画や提案を行う場合もあるので、植物園に就職したら様々な業務を覚えなくてはいけないことを知っておきましょう。

最初は雑用の仕事が中心

就職後は、1人だけですべての業務を任されるわけではありません。基本的には必ず他のスタッフと分担して仕事を行っていきます。ただし植物園内の環境維持に関しては、就職後すぐには担当できません。主に水道管整備のプロなどに任せる場合が多いので、就職しても最初は雑用係となるでしょう。植物園への就職を考えるならこの点に注意が必要です。

自分は植物園の仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、植物園の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。
My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が植物園の仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

公営の植物園に就職するには公務員になる必要がある

植物園に就職する際は、民営と公営の違いについて知っておかなくてはいけません。植物園の中には国などが管理する公営のところがあります。民営と違って、就職するには公務員にならなくてはいけません。ただし、公務員となっても必ずしも植物園に配属されるわけではないので注意が必要です。就職先を選ぶときは、希望するところが公営なのか、民営なのかを確認しておきましょう。

学芸員の資格があると就職しやすい

植物園に就職する際には、絶対に必要となる資格はありません。しかし、民営、公営にしても多くの方は必ず専門学校などで植物の知識を学んでから就職しています。その方が就職もされやすいので、できれば学芸員などの資格を取得しておくと良いでしょう。就職する際のアピールポイントになります。

植物園でしたい仕事を明確に決めておくことが大事

ただ植物園に就職するといっても、具体的にあなたが植物園でどうしたいのかで、また変わってくると思います。現在実際に働いている方の中にはアドバイザーと呼ばれる造園からあらゆる企画までを担当する人、またマーケティングの担当をする人もいるのです。他にも施工管理といって、メンテナンスをする重要な役割も存在します。植物園に就職するなら、何をしたか明確にしなくてはいけません。

自分の強みを活かせるポジションを狙う

例えばアドバイザーとなると、かなり仕事の幅が広くなります。より良い企画ができる方や、造園をしてみたいという方は是非アドバイザーになってみると良いでしょう。マーケティング担当も楽しい仕事だと評判です。主に植物の仕入れを行うのもマーケティング担当になるので、仕入れなどをしてみたい方におすすめできます。植物園の就職する時は、自分の強みを活かせそうなポジションを探しましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析による自己理解が必須です。自己分析を疎かにしていると、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。

My analyticsを使えば、質問に答えるだけであなたの強み・弱み・適職を見える化できます。
ぜひ活用して、就活を有利に進めましょう。

植物園で働きたいなら就職先が民営か公営かを確認してやりたい仕事を明確にしよう

植物園では、作業だけでなく、イベントの企画やマーケティング、施設管理など多くの仕事があります。したがって、就職を考えるならまず何をしたいか明確にしておいてください。また、植物園は民営と公営で就職の方法が異なります。公営になると、公務員にならなくてはいけません。志望する就職先がどちらなのか確認して、準備を進めていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【体育会系限定求人】特化型選考対策で最短2週間で内定が狙える!

    11/05 (16:00~17:00) オンライン(ZOOM、LINEテレビ電話等)