2016年11月29日(火) 更新

薬学部卒業者が選ぶ人気の就職先3つ

薬学部卒業者の人気の就職先①:医薬品業界・各製薬企業

薬学部の卒業者のうち、特に多くの学生の人気の就職先の1つとしても注目されているのが、医薬品業界と各製薬企業への就職です。薬学部の学生や卒業者が進む就職先の中でも、特に高い待遇条件が得られる人気の職業の1つです。一方、その業務の特殊性や営業力が仕事に求められる点からも、単なる薬学への知識だけでなく総合的な力が試される業界です。

メディカルリプレゼンタティブは代表的な職種

製薬企業や医薬品業界における薬学部出身者の代表的な職種に該当するのが、メディカルリプレゼンタティブです。MRとも略されるこの職種は、医薬情報担当者とも呼ばれ、医療関係者に対して自社が取り扱う様々な医薬品について、正確な情報を基に取り扱いの交渉や売買についての営業を行います。製薬企業にとって営業職の一種であると共に、医薬品に対する複合的な知識が求められる重要な役割を有しています。

薬学部卒業者の人気の就職先②:調剤薬局などの医療機関

以前までは、総合病院内に設置された薬局や医局がその活動の中心でした。しかし、制度の改定に伴い、調剤薬局や処方箋を取り扱う薬店を中心に職場を変化させているのが、この就職先です。薬学部卒業者の専売特許の1つに当たるのが、処方箋に基づいた医薬品の調合ですが、この業務をほぼ独占的に行っている就職先として、依然人気の高い職種に当たります。

薬剤師として独立開業も夢ではない

薬学部出身者の大半が、製薬企業や医療機関へ就職しているため、あまり独立開業という印象が強い職種には該当しませんが、調剤薬局や処方箋を取り扱う薬店の薬剤師として活動できれば、将来的には自身が経営する薬局への独立開業も夢ではありません。特に、新たに導入された制度により薬剤師の役割が更に重要性を高めているため、MRなどを目指すのとは別の道として、この就職先や方法も人気を高めています。

薬学部卒業者の人気の就職先③:ドラッグストア

市場と消費者からのニーズの高まりと共に急増しているドラッグストアも、薬学部出身者の代表的な1つに当たります。ドラッグストアといえば、市販されている医薬品の販売や雑貨の取り扱いが一般的でした。しかし最近では、よりサービスの内容と質を高める店舗が多くなってきています。処方箋の取り扱いを並行して行うドラッグストアが増えた結果、処方箋の取り扱いと、一部の医薬品の販売に不可欠な薬剤師の配置を行うため、率先して採用が行われています。

ドラッグストアは主力級ともいえる代表的な就職先に成長している

ドラッグストアは、元々は薬学部出身者にあまり人気のある選択肢ではありませんでした。ところが、第2種医薬品以上の一部の医薬品販売に対して、薬剤師などの専門家の設置が義務づけられたことを受け、ドラッグストア各店舗の薬剤師の率先採用が起こりました。また、薬学部の就学年数がそれまでの4~6年へと延長されたことで、薬剤師の慢性的な不足が懸念された結果、現在では破格の待遇条件を提供するドラッグストアチェーンも登場するなど、薬学部出身者にとって主力級ともいえる代表的な就職先へと成長しています。

医学部卒業者の就職先として製薬会社・調剤薬局・ドラッグストアが人気

薬剤や医薬品の調合に関する知識を専門的な形で学べる薬学部は、医薬品業界や医療業界にとって欠かせない存在の1つです。このため、薬学部出身者の就職は、依然として安定しているほか、医薬品業界のMRや開発職などが人気の就職先として注目され続けています。一方で、最近では薬剤師の重要性の高まりと人手不足の影響から、それまであまり人気のなかったドラッグストアや調剤薬局への就職も根強い人気を発揮しており、これらが薬学部出身者の代表的な就職先として注目されています。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント