2019年10月25日(金) 更新

美大を中退した後の選択肢になる就職先3つ

美大中退後の就職先①:デザインやウェブ関係の企業

美大を中退した後、学校で学んでいた専攻分野を活かして働く人は少なくありません。就職先としては、デザインやゲーム関係が特に多いですね。デザイナーとして働くのもあれば、プランナーのように制作サイドに入る人もいます。必ずしもクリエイター方面に入るだけではありません。ウェブ関係の就職先を見つける人も増えています。

特にクリエイターとして働く場合が多い

美大を中退した後の就職先として、これまで学んでいた専攻分野を活かしたものはたくさんあります。学歴に関係なく、スキルさえあれば入社できる企業は、決して少なくないからです。クリエイターとして働く場合が多いですが、これまでのノウハウを活かして、制作や管理などのサイドに就職するのも多いです。ウェブ関係の就職者は、インターネットビジネスの普及と共に増加しています。

美大中退後の就職先②:美術に全く関係のない分野

美大を中退した後、美大で学んでいたこととは、全く関係のない仕事に就職するケースも珍しくありません。安定感を求めるのであれば、公務員を目指す人が多いですね。汎用性が高く、未経験からでもチャレンジしやすい営業の仕事や、販売の仕事などをする人も多くなっています。中退でもしっかり働ける企業はたくさんありますから、選択肢は豊富です。

製造業やメディア関係に進む人も多い

美大を中退した後、美術関係とは繋がりのない企業に就職するケースはとても多いです。美大を卒業しても、美術以外の道に進む人は少なくないからです。広告関係は美大出身者が少なくありませんが、その中でも営業や販売、店舗担当などの直接関係のない就職をする人は多いでしょう。製造業やメディア関係に進む人もたくさんいます。自分らしく働ける企業を探すのがおすすめです。

適職診断もできる自己分析マニュアル

自分にどんな職が向いているか考える際にやっておきたいのが、自己分析です。でもいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのか解らず、すぐに行動に移せないことがあります。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

美大中退後の就職先③:フリーランス

美大を中退した後、これまで培ってきたスキルを活用して、企業への就職ではなく、フリーランスとして働く人も少なくありません。学歴は関係なく、その人の実力次第で、いくらでも仕事を進めていくことができます。イラストレーターや映像クリエイターをはじめとして、在学中からその実力を買われていた人ほど選択する進路となっています。

中退したことが学歴として響かない点が特徴

美大を中退する理由として、自分自身の仕事が忙しくなってしまったことを挙げる人は、実は少なくありません。イラスト関係やデザイン関係をはじめとして、美大に入るスキルを持っている人は、企業への就職ではなく、フリーランスで仕事をしていく人も少なくないからです。中退したことが学歴として、あまり響かない業務スタイルなのが特徴のひとつです。

美大中退後の就職先にはデザインやウェブ関係の企業がありフリーランスとして働く人もいる

美大を中退した後に見つける就職の仕方について見てきましたが、いかがでしたか。ここで紹介したものは、美大を中退した後の就職のほんのわずかです。実際には色々な道がありますが、デザインやウェブ関係の企業、またはフリーランスとして働くのが傾向として多いです。それぞれの興味があることや、持っているスキルなどを活かして働けるようにすると、より活躍しやすいと言えるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント