2016年12月12日(月) 更新

経済学部を卒業後の就職先と選択肢を広げるための方法

経済学部で得た知識はさまざまな就職先で役に立つ

経済学部で学べる内容は幅広く、得る知識はとても多いため、経済学部を卒業しても、その知識の多さを活かして幅広い就職先で活躍できるでしょう。経済的な知識や判断力、簿記をはじめとした経済スキルは、さまざまな企業において需要が高くなっているからです。では、経済学部を卒業したら、どのような就職先を選ぶのでしょうか。

経済学部の就職先は金融関係が多い

経済学部を卒業したあとの就職先として、金融関係の企業が多いようです。金融関係は安定して働きやすいところが多いですし、経済学部で身につけたさまざまな知識やスキル、取得した資格などを活かして働けるからでしょう。特に、銀行や証券会社などに就職する人がとても多く、営業から窓口まで幅広く活躍しています。

学んだ知識をすぐに発揮できる

金融機関ではお金の貸し借りや証券取引、または経済効果の試算など、さまざまな業務が行われています。経済学部では、景気変動の仕組みや金融に関するさまざまな法律など、経済、財政、金融に関するありとあらゆる知識を身につけられます。それらの知識を活かせるだけでなく、即戦力としても発揮できる金融関係の企業は就職先として魅力的であるのは間違いありません。

商社や流通業界など幅広い分野の就職先を選ぶ人もいる

経済学部を卒業したあと、金融には直接関係のない、商社や流通関係の企業など幅広い分野の就職先を選ぶ人も少なくありません。経済学部で学ぶ知識の中でも、簿記や取引上のルールなどは一般企業でも活かせるからです。企業側としても、今後の経営を続ける上で、経済知識が豊富であり、判断力を兼ね備えた経済学部出身者の存在は大きな戦力になるでしょう。

専門性の高い知識や資格を求める就職先もある

上記のように、経済学部卒業後の就職先は、選択肢が多いとわかりましたが、企業によってはより専門性の高い知識や資格を持っている人を選ぶ場合があります。簿記やフィナンシャルプランナーなどの資格は、経済学部生であれば取っておきたい資格でしょう。大学在学中にこれらの資格を取得しておけば、就職活動で役立つはずです。

就職先の幅を広げるためにさまざまな資格を取得する

経済学部から希望している就職先に進むために、在学中に必要な資格の取得を進めましょう。商社や金融機関など、選択肢によって活かせる資格は変わってきますが、簿記や税理士などの資格は特に汎用性が高いと知られています。金融関係や証券会社であれば、フィナンシャルプランナーの資格がおすすめです。他にも不動産系の起業に役立つ宅建など、就職先の幅を広げるために、さまざまな資格を取得する方がのぞましいでしょう。

経済学部在学中に資格を取得すると金融や流通など幅広い分野の就職先が見込める

現代において、経済学部は就職先の選択肢が多く、有利に働きやすいと言われている学部のひとつです。経済観念があり、知識とスキルを持って事業に取り組めるので、幅広い分野の企業で重宝されています。ただ、就職先の選択肢を広げるためには、フィナンシャルプランナーなどさまざまな資格を取得し、より専門性の高いスキルを得るのが大事だと考えられるので、企業の即戦力となるよう、在学中も日々勉強していきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

ホワイト企業の 個別採用枠へ推薦

    11/04 (11:00~12:00) 【※電話/web面談※】