2016年11月25日(金) 更新

圧迫面接でも論破!面接官のつっこみどころのない志望動機の作り方

入念な業界リサーチで論破

これは、希望の会社の「業界研究」をしてから面接に臨むということです。「強みの○○を生かし、営業職を希望します。」「貴社の○○が素晴らしいと思ったので。」などの志望動機だけでは、面接官の心にはなかなか響かないでしょう。「営業職に就きたいだけなら、他社でもいいのでは?」「うちの会社のここが素晴らしいって言うが、HP見ただけかな。」と希薄な志望動機と解釈されてしまいます。

業界&企業研究を入念に

そんな人には、更に深い質問を面接官は投げかけてくるでしょう。圧迫面接の際には、希薄な志望動機では通用しません。この業界のどこが良くて志望しているのか、その中で何故うちの会社に入社したいと思うのかを伝えられるよう業界研究をし、会社の魅力を掛け合わせて論破できるようにしましょう。

明確なビジョンで論破

これは、「自分が今後どのような社会人になり、どのように社会に貢献していこうと思っているのか。」ということを、明確にしておくことです。入社試験で面接となると、面接官の顔色を伺い、優等生のようなパーフェクトな志望動機を伝えなければならないと考えがちですが、丸暗記してきたような答えをしている人を面接官は選ぶでしょうか。

筋の通った志望動機を準備

圧迫面接は、わざと鋭い質問をし、圧力をかけ、反応を見て採点しているのです。「自分はこういうビジョンがあり、この会社でこういう仕事をして会社に貢献したい。」という筋の通った志望動機があれば、土壇場で右往左往しません。明確なビジョンを持ち、どんな鋭い質問でも論破ができる状態にしておきましょう。

忍耐力を自己PRに入れて突破

これは、圧迫面接があることを想定して、あえて自己PRに忍耐力があることを入れておき、「私は逆境でも大丈夫な人ですよ。」と先に伝えてしまうというやり方です。面接の場で、人によっては意地悪な面接官に果敢に立ち向かい論破しようとしても、負けてしまいその場で泣いてしまう人もいますね。泣いてしまえば、試合終了です。

事前対策して心の準備を万全に

圧迫面接では、面接官は、意図的に圧力をかけて、その人に忍耐力があるかどうかを量っていることはわかってはいるつもりでも、なかなかその場でうまく論破できなくなってしまう場合もあります。ですから、自己PRに「○○の経験から私はストレス耐性があり」など、自己PRしておき、圧迫面接にあたっても、そこは機転を利かせて、自己PRを心の中で何回も唱えて、理路整然と、面接を突破しましょう。

入念な志望動機があれば、圧迫面接も論破できる!

圧迫面接でも負けない志望動機の作り方をご紹介してきましたが、いかがでしたか。圧迫面接は自分は大丈夫と思っていてもいつ自分に訪れるかわかりません。今回ご紹介した方法を参考に、どんな圧迫面接でも対応できる人になれたら、就職活動において強みになるのではないでしょうか。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bd94d1291cacecc6

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント