2018年12月18日(火) 更新

志望動機の中心を社風にする書き方と例文3つ

志望動機を社風にするのはあり?

社風を記載するのはあり

志望動機を書く際に、社風を記載するのは場合によって有効な手法になります。社風というのは企業の雰囲気を表すものであり、ケースによっては仕事の進め方等も社風に沿うということも少なくありません。
そのため、企業は仕事に対する能力もさることながら、自社の社風に沿った人材かどうかを検討材料にしている面があります。そのため、志望企業の社風をしっかりと調べ、それに沿った人材であることをアピールすることができれば、少なくとも企業に悪印象を抱かせてしまうことはないでしょう。
社風に沿った人材であるということは、すなわち入社後に職場にすぐ溶け込んでくれることも意味します。そのような応募者は退職のリスクも少ないと予想されるでしょう。

社風だけでは弱い

志望動機に社風を記載するのは効果的ですが、社風そのものを書くだけでは弱いと言えるでしょう。企業の社風に魅力を感じるのは結構なことですが、一方的に魅力を感じられたところで、企業がその人材に興味を持つとは限りません。
就職活動とは、あくまでも双方の合意に基づいて内定が決まるものであり、すなわち自分が相手に魅力を感じるだけではなく、相手からも自分に魅力を感じてもらわなければなりません。そのため、志望動機に社風を記載する場合、こちらが魅力を感じていることだけではなく、プラスアルファして相手の気を惹く文面を用意する必要もあるのではないでしょうか。
そのためにも、企業分析と自己分析を怠らず、双方の共通点を探りましょう。

人事は「社風に惹かれて」の記載に飽きている

「人」や「社風」、「新卒採用に対する企業の考え方」などは志望動機にそのまま書くには少し弱いです。
なぜなら、志望動機に社風を書くのは誰にでもできてしまうので他の就活生との差別化にはつながらないからです。人事としては聞き飽きてしまっている志望動機のひとつと言えるでしょう。

志望動機に社風を書く際のポイント

それでは、続いて志望動機に社風を書く際のポイントについて見ていきたいと思います。志望動機に社風を書く際は、前述した通り、「自分が社風に惹かれていること」のみを記載しても相手の気を惹くことはできません。
そうではなく、そこから一歩進んで、自分は企業にどのような利益をもたらすことができるかを考えることが大切です。ビジネスとは、お互いが利益を得る関係を築くのが基本になりますので、就職活動もそれに倣う必要があるでしょう。

「社風+自分の個性」を記載する

志望動機に社風を書くとき、決まり文句をそのまま書いてしまう人は少なくありません。
例えば、「御社の社風が自分に適しているから」とか、「御社の将来性に惹かれました」などです。「まだ入社してもいないのに社風が合うかどうかもわからないでしょう?」と逆に突っ込まれてしまいます。そのため、志望動機に社風を書く際には、ありきたりでない”自分だけ”のアピールを含める必要があります。そこまで記載してはじめて、社風を志望動機に書く事のメリットとなるのです。

企業研究を盛り込む

志望動機に社風を記載する際には、自分がしっかりと企業研究したことをアピールするのが効果的です。とはいえ、一方的に「○○をしました」と直接的に記載するのではなく、相手から自然と「この応募者はよく調べているな」と思ってもらうことが大切です。
企業というのは単体でも非常に複雑な構造を持っていますが、それを取り巻く業界を含めると尚更でしょう。大きな話をすると、まず日本という国家全体で会社や業種に対するルールが決められており、その業界内でも暗黙のルール等が設けられ、その上で会社が企業活動を行っています。
それらを全て網羅することは不可能ですが、できる範囲でしっかりと調べ、それをさりげなくアピールする工夫が必要になるでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機に社風を書く際の注意点

注意点①同じ社風を持つ企業との違い

志望動機に社風を記載する際の注意点としては、まず同じ社風を持つ企業との違いを明確にしなければならない点が挙げられます。社風は企業ごとに大きく異なるものですが、企業数自体が大変多いため、探せば似たような社風を持つ企業も多数存在するでしょう。
その中で、何故志望企業の社風が良いと思ったか?に言及しなければなりません。そこに言及しないまま就職活動を進めてしまうと、「では似たような社風を持つ他者でもいいのでは?」と思われてしまい、選考漏れしてしまう可能性もあるでしょう。
社風のみに限りませんが、志望動機を書く際には、「この企業でなければならない」理由をしっかりと考える必要があり、そこにこそ説得力が発生します。

注意点②「なぜ社風が自分と合っているのか」の説明がないと薄い

「なぜ社風が自分と合っているのか」という説明を付け加えるということも注意点として挙げられます。ただ漠然と「自分のパーソナリティーと社風が合っていたので志望しました」という記載だと、その根拠が見えず、相手からは「調子のいいことを言っているだけだ」と捉えられかねません。
ビジネスには、場合によってはお世辞やおべんちゃらが必要になるシーンもありますが、基本的にはしっかりとした根拠を持って論説を展開することが求められます。それは就職活動でも変わるところはなく、根拠のない持論はあまり意味を持ちません。
逆に、しっかりとした根拠を明示できれば、それだけで一目置かれるということもあるでしょう。

注意点③「社風」をもっと深く掘り出す

社風をただ書き連ねるだけではダメ、なぜ社風と会っているのかの記載は必要……そこまで理解した上で、最後の注意点として把握しておきたい点としては、「企業がうたっている社風をさらに深く掘る」という点です。
要は、その企業が打ち出している社風の”真意”を自分なりに解釈する、という事です。
採用する側としても、ただ素直に動くだけの人材よりも、自らの考えをしっかりと持っている人材の方が圧倒的に魅力的なはずです。

社風を切り口にした志望動機の書き方の例文

例文①

御社のサイトに書かれた「相手が誰であれ、自分の意見を言え、それに対して誇りを持て」という社長の言葉がとても印象に残りました。年齢や立場にとらわれずに、1人ひとりの個性が尊重されている職場だと感じたからです。このような、自分に誇りをもって働ける環境で私も働きたいと強く思いました。

例文②

御社の「表現豊かに価値のあるものを生み出そう」という理念が、社員の方1人ひとりにきちんと浸透しているのが御社サイトの企業風景や事業内容から伺えました。御社で働く社員の方々は、自分の強みを活かせる仕事を通して、理想の実現に向けて日々努力されているのだと感じました。このような、社員の個性が光る雰囲気の中で成長しながら、事業に貢献したいと思い御社を志望しました。

例文③

私が御社を志望した理由は、御社の挑戦的な社風に惹かれたからです。私は仕事を通してより一層の成長を志しておりますので、その想いを叶えるために御社を志望させて頂きました。
その中でも、特に御社の「仕事は創造的であれ」という社是に魅力を感じております。現在、人の好みは多様になり、またテクノロジーの発展やグローバル化によって従来のビジネスモデルは意味をなさなくなってきたように感じます。
しかし、個人的にはそこにビジネスチャンスが眠っているように感じており、そのヒントこそ御社の掲げる「創造性」にあるのではないかと考えております。
創造性を発揮し、新しいビジネスの形を模索することで御社のお役に立ちたいと思い、この度志望させて頂きました。

志望動機に社風を書くのはあり!企業研究を徹底しよう

社風を志望理由として掲げる場合、その企業の情報はしっかりと把握して、かつ自分ならではの”個性”を含めた解釈などを入れて差別化を図りましょう。
また、OB訪問等にも積極的に参加して、その企業の社風を実際に肌で感じるというのもひとつの手段です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント