2018年10月11日(木) 更新

【倍率の高い客室乗務員になる方法】CAを目指す人が知っておきたい必要なスキルとANA・JALの応募資格

客室乗務員に一番必要なのは”見た目”!?

■調査方法:twitterを使用して学生にアンケート
■調査実施日:2017/1/24
■投票数:169

客室乗務員に必要なスキルについてアンケートをとったところ、「見た目!」と回答した方がもっとも多く、全体の40%となりました。確かに客室乗務員として働く上では容姿はとても大切ですが、実際のところはどうなのでしょう。この記事では客室乗務員になるための情報を説明していきます。

CAは多くの人にとって憧れの仕事

客室乗務員、CAは多くの人にとって憧れの職業です。そのため、就活でもCAの採用試験を受ける人は多くいます。大手に限らず毎年倍率が高いため、CAを目指すならそれなりの対策が必要となるでしょう。では、実際採用試験の倍率はどれくらいなのでしょうか。

採用試験の倍率はかなり高い

航空経営研究所の調査によると、受験者10,000人に対して毎年300~500名程度しか採用されません。小さな会社でも倍率は100倍を超えることもあります。人気が高い仕事なので、競争率は非常に高いといえるでしょう。倍率の高い採用試験ですが、CAにはどんな能力が求められるのでしょうか?

倍率の高さだけで諦めるのはもったいない

CAはかなり倍率が高いため、合格するのは難しいと思っている人も多いでしょう。しかし、諦める必要はありません。倍率に惑わされることが無いようにしましょう。倍率よりも、何人採用されるのかというところに目を向ける必要があります。受験者が1万人を超えていたとしても、採用人数が300人程度となっている場合、とにかくその人数の内に入ることができれば道は開けます。

まずはエントリーシートを完璧に仕上げるところから

航空業界は他の業界に比べて個性的なエントリーシートである場合が多いです。応募者も多い分レベルの高い応募者も多く、エントリーシートのレベルが低ければ、人事の記憶に残ることも難しいでしょう。エントリーシートは自己流で頑張り続けるよりも、人に意見を聞いたり、良いお手本を参考にしたりするほうが格段に良くなる傾向があります。今回キャリアパークでは、日系大手のANA/JAL内定者のエントリーシートを特別に入手しました。内定を獲った先輩のエントリーシートには共通点があります。成功のノウハウとも言える共通点を参考に完璧なエントリーシートを目指しましょう。

CAには英語力が求められる

倍率の高いCAの採用試験ですが、面接官が見ているポイント、求められる能力について知っておきましょう。まず、外国からくるお客さんの相手をすることもありますので、英語力が必要です。2016年のJALでは、TOEIC600点以上程度の英語力を有していることが応募資格となっています。英語で会話できる能力を身に付けておきましょう。また、CAはハードな仕事なので健康面や体力も重視されます。他にも、姿勢や第一印象の良さは重要なので、意識して試験に臨みましょう。

ハードな仕事なため体力が必要

CAの仕事はとてもハードです。体力があるかどうかも、CAとして働くために重要な要素となります。例えば、海外へのフライトでは時差が発生しますが、そうなると体のリズムを壊してしまう人も多いです。また、現地の環境によっては食べ物があわなかったりする場合もあるので、疲れがなかなか取れない人もいます。国内線だとしても、安全に気を配るのがCAの仕事ですので、働いた後は緊張が解けて疲れが出ます。CAの仕事は体力勝負といえるでしょう。

接客業のためコミュニケーション能力も欠かせない

CAの仕事は接客業です。お客様も子供からお年寄りまで幅広いので、臨機応変に対応することが求められます。また、飛行機が飛び立ってしまえば働くメンバーは替えがきかないので、協力して業務に当たる必要があります。代わりのきかない職員同士で連携して仕事をするためにも、コミュニケーション能力は必要でしょう。

気配りができることも大切

CAは一度に何人ものお客様の相手をしなくてはなりません。また、お客様からCAへクレームがある以外にも、お客様同士でトラブルになるということも少なくないです。そういった場合に、間に入ってお客様の声を聞くのも、CAの仕事といえるでしょう。お客様に対して常に気配りし、トラブルを防がなければならないのです。

CAに必要な学歴は企業によって異なる

CAになるためには、どの程度の学歴が必要なのか紹介します。専門学校、高等専門学校、短期大学、4年制大学または大学院を卒業することが応募資格となっている航空会社が多いですが、企業によっては高校卒業以上の学歴を有する方ならOKというところもあります。自分が応募したいと思っている航空会社の応募資格をよく確認してみましょう。

CAの採用試験倍率は高いのでコミュニケーション能力や英語力を身に付けておこう

CAの採用試験では、英語力などいくつもの応募資格があります。まずはそれらの情報をしっかりとチェックし、基準から外れていないか確認しましょう。また、コミュニケーション能力の高さや気配りも必要な仕事ですので、面接では自身の強みを積極的にアピールすることが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント