2018年08月31日(金) 更新

芸能マネージャーの夢を掴む志望動機の書き方と注意点【解説付き例文3選】

芸能マネージャーは特殊な職業

基本的に芸能マネージャー含め、芸能界に携わる仕事は特殊な職業と捉えておいた方が良いでしょう。今でこそインターネットの出現で芸能人との距離が近くなった面もありますが、一昔前はTVに出ている芸能人は雲の上の存在であり、一般人とは相当な乖離がありました。
当然ながら、今でもその慣習は続いており、だからこそ芸能界には巨額のお金が動きます。人は憧れの存在には弱いものであり、だからこそ芸能人は大きな価値を有していると言えるでしょう。

仕事時間が不規則

芸能マネージャーとして就職した場合、仕事時間が不規則になってしまう可能性があります。芸能人は会社に雇われているわけではありませんので、基本的には24時間営業と言っても過言ではありません。
そんな芸能人をマネジメントする役割である以上、仕事時間をある程度彼らに合わせる必要があるでしょう。通常の会社であれば取引先の営業時間や個人宅への訪問可能時間が定められていますが、芸能マネージャーになった場合はそういった時間の定めが緩くなってしまうかもしれません。
さすがに毎日一睡もできないということにはなりませんが、それでも激務であることは覚悟しておいた方が良いでしょう。心身をいかに健康に保てるかが芸能マネージャーの務めです。

仕事と私生活の境がない

芸能人は仕事時間が非常に不規則なため、彼らを管理するマネージャーも仕事と私生活の境が曖昧になってしまう可能性があります。仕事とプライベートの境が曖昧になってしまうということは、日々の労働時間が長くなってしまったり、場合によっては休日返上で働かなければならないこともあるでしょう。
また、仕事と私生活が混同してしまうことにより、なかなか心からリラックスできないというデメリットもあります。家で過ごしてはいるものの、いつ何時どのような連絡が来るか分からない状態ではある程度身構えておく必要がありますので、人によっては緊張状態の連続になってしまいます。
緊張状態が続くのは、当然ながら心身の健康に良くありません。

担当芸能人の人気度によって待遇が変わる

芸能マネージャーという仕事は、自分が担当している芸能人の人気度によって評価されることも少なくありません。そのため、人気のある芸能人を担当している場合は待遇が良くなったり、そうでない場合は待遇が悪くなるというケースもあるでしょう。
人気のある芸能人というのは基本的に超多忙な毎日を過ごしていますので、彼らを管理するマネージャーも必然的に激務になります。なので、激務であるが故に評価されるという見方もあり、それはある種フェアな世界と言える面もあるのではないでしょうか。
しかし、どの芸能人を担当するかを自分で決められるケースは少ないものです。敏腕マネージャーであればオファーが来ることもあるかもしれませんが、そうでない場合の方が多いでしょう。

芸能マネージャーの志望動機で見られている点は?

芸能マネージャーとして業界入りを志望している場合、一体どのような点を意識して志望動機を固めれば良いのでしょうか?まずは、やはり「地に足がついているかどうか」でしょう。芸能界に憧れを持っている人も多いものですが、それだけでは仕事にならないのも事実です。
下記のような点に気を払い、「仕事」として芸能界を俯瞰しましょう。

現状把握できているか

芸能マネージャー職を希望する場合、まずは当人がちゃんと現状把握できているかという点が重視されます。前述した通り、芸能マネージャーという仕事は過酷な面も多々ありますので、それを理解しているか、そして「仕事」としてしっかりとマネージャーを務めることができるか、という点が大切です。
中には、ただ芸能人に会いたいという気持ちだけで志望している応募者も存在します。そういう人が必ずしも良い仕事をしないというわけではありませんが、憧れが一人歩きしてしまい、結果現場や関係者に迷惑をかけてしまうという例も少なくはありません。
仕事として行う以上、「憧れ」という感情は一旦脇に置き、ビジネスライクに物事を考える必要があります。

実際に行なう仕事のイメージを掴んでいるか

芸能マネージャーの仕事は、いわゆる「裏方」の仕事です。芸能人は華やかな表舞台で活躍する仕事ですが、芸能マネージャーはテレビに映る機会もありませんし、実際にどのように活躍しているのか知らない人も多いでしょう。芸能マネージャーを志望するならば、業界研究や企業研究をしっかり行って、まずは仕事のイメージをできるだけ明確にする必要があります。勿論、仕事内容も楽ではありませんし、それなりの情熱も必要になってきます。「どうしてもこの世界で活躍したい」「芸能マネージャーになりたい」という熱意を志望動機に込めましょう。

コミュニケーション力があるか

芸能マネージャーに必要な資質としては、コミュニケーション能力がかなり重視されます。コミュニケーションの仕方一つによって担当している芸能人のモチベーションが変わりますし、また担当芸能人がお世話になっている関係者に与える印象も変わってくるでしょう。
芸能界は義理人情で動いている面も多いため、空気を読めるかというのも重要な資質の一つです。空気を読めるということはコミュニケーション能力が高いということに繋がりますので、やはり必須の能力と言えるでしょう。
コミュニケーション能力が必要なのは芸能マネージャーに限ったことではありませんが、芸能マネージャーになるためにはほぼ必須と言ってしまっても過言ではありません。

忍耐できる性格かどうか

芸能マネージャーという職は非常に多忙なため、忍耐力があるかどうかも大切な要素です。一般的な社会でもそうですが、芸能界という場所はそれに輪をかけて不条理なことも多く、並のメンタルの持ち主が入り込むのは相当難しいと言えるでしょう。
なので、芸能人には強靭なメンタルが要求されますし、マネージャーも同様です。ちょっとしたことですぐに動揺してしまったり感情を爆発させてしまうようでは、芸能界で働くのは難しいのではないでしょうか。
忍耐力というのも一つのスキルですので、ある程度先天的な部分があります。しかし、日常生活上で意識的に鍛えることもできますので、メンタルが弱いという自覚のある人はトレーニングするのも良いでしょう。

芸能マネージャーの志望動機はどう書く?

それでは、芸能マネージャー職に応募する際の志望動機の書き方について見ていきたいと思います。芸能マネージャー職は激務の割に人気職種ですので、できる限り良い印象を残さないと選考に通過するのは難しいでしょう。
当然ですが、芸能界に対する憧れのみに終始するのはNGです。そのような応募者は相手からすると山のように存在しますので、憧れにとどまらず、芸能界で働くということに対する具体論をしっかりと述べることをおすすめします。

その事務所に所属しているアーティストをきっかけとした書き方

芸能マネージャー職に応募する場合、まずその芸能事務所に所属しているタレントやアーティストをしっかりと調べておきましょう。志望動機に具体的なエピソードを添えるのは基本的な手法ですが、そのエピソードに所属芸能人を挙げると話を上手く進行させることができます。
相手としても、自分の事務所に所属しているタレントやアーティストの話をされるのは悪い気はしないでしょう。芸能人というのは、多くの人に夢や希望を振りまくことが仕事ですので、そういった面に関するエピソードを提供するのは当人にも、事務所側にも喜ばれるのではないでしょうか。
もちろん、世間話ではありませんので、そのエピソードをしっかりと志望動機に絡めることが大切です。

業界の特色とスキルのマッチ度をアピールする書き方

自分の保有するスキルと業界の特色をマッチさせることで、印象に残る自己アピールを行うことができます。ビジネスというのは基本的に需要と供給で成り立つ面が大きいものですので、相手が求めている人物像と自分の特性が重なっている面をアピールするのは非常に有効です。
そのためには、しっかりとした業界研究を行っておく必要があるでしょう。相手のニーズを探るためには相手のことをしっかり知らなければなりませんので、綿密な業界研究や場合によってはその歴史等にも言及する必要があるかもしれません。
芸能界というのは少々特殊な世界になりますので、業界研究も一筋縄ではいきません。それだけに、よく調べるだけで相手の関心を惹ける可能性もあるでしょう。

事務所ならではの色とどう合っているのかアピールする書き方

自分が応募したい事務所のカラーをしっかりと調べ、そこに自分がどのようにマッチするのかをアピールすることも大切です。一般の会社より数は少ないものの、それでも非常に多くの芸能事務所が存在し、それぞれに特色を備えています。
事務所の特色と自分の特色がマッチしていれば就職後も仕事が捗ることが予想できますので、それは自分にも相手にも多大なメリットがあるでしょう。事務所のカラーとは、普通の会社で言うところの企業理念のようなものであり、その事務所が一体何を重視しているか、どのような価値観を大切にしているかというものです。
そのため、事務所側としても、できれば自分のところと相性が良い人を採用したいと思うのが自然でしょう。

芸能マネージャーの志望動機を書く際の注意点

基本的には芸能事務所以外のところに書く志望動機と差はありませんが、やはり芸能界という特殊な状況を加味する必要はあります。
芸能界は外から見ると非常に魅力的な世界ですが、それはある程度脚色されていることを忘れてはいけません。そういった現実面をしっかりと見据え、仕事として取り組む意欲をしっかりとアピールすることを心がけましょう。

別の事務所所属のアーティストを例に出さない

芸能マネージャーの志望動機を書く際には、別の事務所に所属しているタレントやアーティストの名前を出さないように注意しましょう。それは一般的な会社で例えると、同業他社の商品名やサービス名を書くようなものですので、原則的にNGです。
芸能事務所が扱っている商品は「人」そのものになりますので、その辺は更にシビアになるかもしれません。あくまで噂程度ですが、共演NGを通達されている芸能人も存在するようですし、もしマネージャーとして仕事を行うのであれば、そういった複雑な事情にもしっかりと精通している必要があります。
その一環として、志望動機に余計なことを書く応募者は敬遠されてしまうでしょう。芸能界は、人間同士の関係が最も重要です。

根拠のないアピールをしない

芸能マネージャー職の志望動機を書く際は、「忍耐力だけは負けません」「体力だけはあります」のような根拠のないアピールは控えましょう。そのようなセリフを口にする人はたくさんいますし、相手としても聞き飽きている言葉かもしれません。
忍耐力や体力をアピールするが悪いというわけではなく、アピールすることに対する根拠を明示することが大切です。根拠のないアピールはただの自称になってしまいますので、そこに信頼性はありません。
これは芸能マネージャー職に限ったことではなく、一般の会社に応募する際にも言えることです。また、ビジネスにおいても結論に対する根拠を提示することは大事であり、人を説得するためには不可欠な要素と言えるでしょう。

芸能人への憧れだけを羅列しない

芸能マネージャー職に応募する場合、芸能人への憧れだけを羅列しないことも大切です。芸能マネージャー職を志したきっかけは特定の芸能人によるもの、という程度であれば問題ありませんが、それをあまり引っ張りすぎないように気をつけましょう。
芸能界というのはどうしても憧れから入ろうとする人も多いものですが、業界側としてはそういう人達は警戒対象になります。憧れから芸能界入りする人は、もし自分が好きな芸能人に会うことができたら舞い上がってしまい、それをSNS等で拡散してしまう恐れがあるからです。
一般人であればそういう幼さも許容されますが、業界の人間がやってしまうとアウトでしょう。義理人情に重きを置いている芸能界であれば尚更です。

芸能マネージャーの志望動機例

志望動機は人の数ほど存在しますので、必ずしもここに記載するものが正しいとは限りません。
基本的には、志望動機は自分の特性と相手の特色をしっかりと見極めた上で練るべきです。志望動機例はそういった試みに煮詰まった時に目にする程度にとどめておきましょう。
借り物の言葉で、相手に情熱を伝えることは難しいものです。

例文①

【例文】
私は貴事務所所属のAというアーティストが好きで、彼の作った音楽を好んで聴いていました。何故このような素晴らしい曲を作ることができるのだろう?と疑問に思っていたのですが、あるインタビューで「周りの人のサポートに助けられている」という言葉を目にしました。
私には音楽を作る能力はありませんが、サポートであればできるのではないか。そして、私のサポートによって素晴らしい楽曲が世にリリースされればそれに勝る喜びはないと思い、この度志望させて頂きました。
【解説】
事務所の特色とのマッチングより、情熱を全面に出した志望動機例です。何故自分は「サポートであればできる」と思ったのか、という点に言及すると、より深みが増すでしょう。

例文②

【例文】
私は学生時代に部活動のマネージャーをしており、それがきっかけで人をマネジメントするということに大きな興味を抱きました。そこで、「人を管理する」ということを自分なりに研究し、実践してきたつもりです。
その結果として、私が所属していた部活動は大会で良い成績を納め、顧問や部員達から「マネジメントが良かった」とお褒めの言葉を頂きました。そこで培ったマネジメント力を更に伸ばしたいと思い、この度志望させて頂きました。
【解説】
自分の特性と相手の特性のマッチングを重視した志望動機例です。部活動のマネジメントと芸能人のマネジメントは大きく異なりますので、その差をどのように埋めて説明するかは事前にしっかりと考えておいた方が良いでしょう。

例文③

【例文】
私は子供の頃から芸能界に興味があり、一時期は自分も芸能人を志していたため、いくつかオーディションを受けた経験があります。残念ながら結果は芳しくありませんでしたが、芸能人を志していた頃の経験から、裏方の職業に強い興味を抱くようになりました。
実際、私がお会いしたタレントさんはマネージャーとの関係が非常に良好で、傍目から見ても「仕事がしやすそう」と感じました。表舞台に立つ機会には恵まれませんでしたが、芸能界で活躍したいという思いは何一つ変わりませんので、この度マネージャー職に応募させて頂きました。
【解説】
過去の経験を重視した志望動機例です。ここから、自分が芸能マネージャーという職を選んだ理由を更に深掘りすると良いでしょう。

芸能マネージャーの志望動機では事務所の色を知ってから書こう

芸能マネージャーという仕事への志望動機は、ミーハー心ではなく、真剣に仕事としてやり抜きたい、という熱意を伝えることが鍵です。芸能界というと毎年その華やかさに憧れて、芸能事務所には大量の人が入ってきます。しかし、芸能人と同じくらい夢破れて出ていく人も多いのではないでしょうか。そんな状況を冷静に見つめ、次代を担うスターをどう育てることができるかを考える、大変体力のいる仕事であることを覚悟して、例文を参考に挑戦してみましょう。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

6d35f4f5b4247e88

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【最短1週間での内定】”特別推薦枠”で選考に進める就活サービス『キャリアチケット』
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【最短1週間での内定】”特別推薦枠”で選考に進める就活サービス『キャリアチケット』

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.06.30 17:00 ...

今回ご紹介するのは、特別推薦枠で選考に進める就活サービス「キャリアチケット」。最短で1週間の内定が狙えます!

29395 view

面談サービスの満足率95.8%!最短1週間で内定が取れる「JOB ROUTE」
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

面談サービスの満足率95.8%!最短1週間で内定が取れる「JOB ROUTE」

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:   ...

面談サービスの満足率95.8%!最短1週間で内定が取れる「JOB ROUTE」

15979 view

<一足先に、総合デベロッパーを研究>人気が殺到する『デベロッパー』を研究し、ライバルに差をつける
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

<一足先に、総合デベロッパーを研究>人気が殺到する『デベロッパー』を研究し、ライバルに差をつける

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.09.26 12:00

日本有数の大手総合デベロッパーによる、業界研究セミナー。この時期には大変珍しく、デベロッパーを研究できる貴重なイベントです。

2472 view

もっと見る

おすすめの就活イベント