総合商社の現状と課題とは?

更新 / 10690 view

    就活生から見た総合商社には真面目なイメージがある

    キャリアパーク会員の就活生を対象に「総合商社に対してどのようなイメージをお持ちですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

    就活生の回答

    堅い

    就活生の回答

    忙しそうだがやりがいがありそう

    就活生の回答

    厳しい

    就活生の回答

    年齢層広め

    就活生の回答

    給料が高い

    ■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
    ■調査日時:2017年3月6日
    ■調査元:ポート株式会社
    ■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
    ■質問内容:「総合商社に対してどのようなイメージをお持ちですか?」

    就活生から見た総合商社には、「堅い」「厳しい」などの真面目なイメージが強くありました。そんなイメージのある総合商社ですが、実際はどうなのでしょうか?就職を考えている就活生などは、その将来性が気になりますよね。また、今後の課題を知っておくことで、就活においてアピールできるかもしれません。そこで本ページでは、総合商社の現状と課題をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    総合商社の現状は好調

    a

    全体的に、好調な業績を意上げている総合商社が多いです。資源やエネルギー関連の投資を積極的におこなっており、これらの収益で大きく業績を伸ばしていることが一因と考えられます。大手の総合商社は、それぞれ成長性のあるビジネスを展開していることが特徴です。
    5大総合商社の社風と「総合職」「一般職」の違い4つ

    収入や待遇面が恵まれている商社マンの将来は明るい

    好調な業績を誇る総合商社においては、そこで働く商社マンの将来性も期待できるものと言えます。収入や待遇面が恵まれている総合商社も多く、若い世代でありながら活躍のチャンスを多く与えられているのです。海外への出向もありますが、自身が成長するためのキャリアアップのチャンスと捉える商社マンも多く、幅広い視野を持つための経験が積める環境だといえます。

    総合商社では常に競争を勝ち抜く必要がある

    総合商社で働く商社マンは、常に同期などのライバルに負けないように努力しなければなりません。頑張れば任される仕事量も増えていきますが、それに伴い激務になっていきます。特に入社したばかりの頃は、仕事を覚えるために夜を徹して机に向かうこともあるのです。一人前の商社マンになるためには、自主的な努力が大切になってきます。

    総合商社の現状は業績好調のため将来性や今後の成長も期待できる

    いかがでしたか。総合商社の現状などについてご紹介してきました。総合商社の業績は好調であるため、今後も成長が期待できます。総合商社で働く商社マンにいたっても、収入や待遇面の安定は継続が予想されるでしょう。

    三井物産・三菱商事のES・面接を突破する業界研究マニュアル

    %e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bc%e5%95%86%e7%a4%be %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header2

    三井物産に受かる人はやっている 

    業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。
    三井物産・三菱商事のような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究を。

    詳細はコチラ

    プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。