2019年10月24日(木) 更新

JFEスチール志望者必見!企業情報と気になる平均年収

JFEスチールではやりがいのある仕事ができそうなイメージ?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「JFEスチールに対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月15日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「JFEスチールに対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」

就活生は、JFEスチールに対してやりがいのある仕事ができるというイメージを持っているようです。日本を代表する鉄鋼メーカーであり、多くの製品には欠かせない材料を提供しているからこそ安定している企業だというイメージがあるのでしょう。では、そんな安定したJFEスチールの給料や年収はどれくらいなのでしょうか?本記事では、JFEスチールの具体的な給料制度などについて紹介します。

JFEスチールとはどのような企業なのか

まずは、JFEスチールという企業がどういった会社なのか企業研究の一つとして見ていきましょう。JFEスチールという企業名を聞いたことがある人でも、実際に何をしている企業なのか知っている人は少ないです。ここでは、JFEスチールという企業についてご紹介します。

JFEスチールは日本の大手鉄鋼メーカーのひとつ

JFEスチールは、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)です。粗鋼生産量においては、日本国内のみならず世界でも有名な鉄鋼メーカーで、高炉を所有しています。その業界では知らない人がいないくらいの大企業で、鉄鋼メーカーでありながら、その事業は建築および土木・自動車・産業機械・電気機械など、多岐にわたっている点が特徴といえるでしょう。海外にも製鉄所を構えており、これからも世界へ事業拡大していくと考えられている企業です。グル―プ傘下の会社は約200社もあり、この数を聞いただけでも、その企業の大きさは伺えます。

会社概要について

会社名:JFE(ジェイ エフ イー)スチール株式会社
[英文名称:JFE Steel Corporation]
代表取締役社長:林田英治
本店所在地:〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
設立:2003年4月1日
資本金:2,396億円
従業員数(連結):42,481名(2014年3月末)
生産品目・事業分野:
鉄鋼製品・半製品、チタン製品、鋼材加工製品、化学製品、素形材製品、各種容器類 等

多くの就活生が応募企業の平均年収を気にしている

キャリアパーク会員の就活生を対象に「応募企業を検討する上で、平均給料(平均年収)は気にしますか?理由も併せて教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 気にする。お金はやっぱりほしい。
  • あまりにも少ないと病気になって治療料も払えないと困るから
  • 気にする 家計の問題
  • 気にしない。
  • 気にする。理由:その企業がどれだけ社員を大切にしているかわかるから

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「応募企業を検討する上で、平均給料(平均年収)は気にしますか?理由も併せて教えてください!」

アンケート結果を見ると、多くの就活生が応募企業の平均年収を気にしているようです。「お金はやっぱりほしい」「あまりにも少ないと病気になって治療料も払えないと困るから」といった理由が挙げられています。中には、「その企業がどれだけ社員を大切にしているかわかるから」など、平均年収から企業の雰囲気を判断している就活生もいるようです。 JFEスチールの給与事情は、一体どのようになっているのでしょうか?以下で確認していきましょう。

JFEスチールの給料制度

JFEスチールの平均年収を知るためにも、給料制度についてみてみましょう。JFEスチールを志望するにあたって、「月ごとの給料がでるのか」「年俸制なのか」「給料はどのような形で出るのか」「特別な手当てはつくのか」などを調べる事は、とても大切です。そこで以下では、JFEスチールの給料制度をご紹介します。

JFEスチールの大卒給料は202,000円

JFEスチールの大卒の給料は 202,000円で大学院卒:だと211,000円だそうです。ボーナスは年に2回あり、給与などの待遇面はしっかりと安定しているため、長く働ける環境といえるでしょう。ボーナスや寸志などの賞与面もしっかりとありますので、安定を求めるのなら問題ない企業といえます。

昇給は年功序列で上がる

JFEスチールの昇給制度は良くも悪くも年功序列で、給与も年収も勤続年数に合わせてあがっていくようです。長く勤めていくことで給与・年収があがる為、意欲を持って働いて、若い年代からガンガン昇給していきたいという考えの方には、合わないかもしれません。
年齢や勤務日数によって、給与や平均年収に格差がある大手特有の給与形態といえるでしょう。ただし、諸手当はしっかりしており、勤務時間などや日数などでも給与は変わります。

JFEスチールの平均年収(給料)

JFEスチールの平均年収や給料を調べましょう。平均年収や給料がわかれば、選考に通るためのやる気も出てくるのではないでしょうか。大企業であるJFEスチールは平均年収も高いのかどうか、できる限りのデータを集めてみましょう。

JFEスチールの30歳時平均年収は468万円

JFEスチールの平成23年3月期の公表平均年収を変換し、30歳時平均年収を算出した結果は、以下の通りです。

■30歳時平均年収( 平成23年3月 ):468 万円

■上場企業・主要企業30歳平均
452 万円( 製造業(鉄鋼))
447 万円( 全業種)

■全国平均(統計調査)
502万円(正社員・平均年齢40.9歳)
274万円(非正規社員・平均年齢45.1歳)

上記のように、JFEスチールの社員30代に関する平均年収はさほど高くなく、他社と比べても同じくらいのようです。給与は少し上がって、賞与分年収が増えているというところでしょう。JFEスチールは大手企業なので、給与や年収もどんどん年ごとにあがるというイメージがありましたが、そうではないようです。

30代以降の働き方で年収は大きく変わる

JFEスチールで役職に就いた場合の年収:908万円
平均勤続年数:21.7年

上記の年収と実質の年収では、差異があるように思えます。連結会社も含めた年収は、約680万円といわれているようです。年度別の年収を見てみましょう。

2009年度の年収:1126万円
2008年度の年収:1201万円
2007年度の年収:1255万円

30代以降で、JFEスチールの平均年収はグっと高くなる傾向にあります。調べてみますと、役職に就いた場合にその年収は高くなるようです。マネジメント能力が発揮するのが、40代くらいだということなのかもしれません。ただ、JFEスチールほどの大手企業だと、傘下の会社によって、給与や年収には随分と格差があるようです。高額になると年収1000万円を超えるでしょう。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

JFEスチールに限らず就職先選びでは平均年収と給料制度を知っておこう

本ページでは、JFEスチールの平均年収や給料と制度に関してご紹介しました。働く上で、給料や年収はとても重要な部分です。「やりたいことができればそれでいい」と思っていても、生活をしていくために必要なお金は、ある種のモチベーションにもなることを忘れてはいけません。就職活動する前には、企業研究のみならず、平均年収や給料制度も把握しておくことをオススメします。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

12月末までに内定が狙える!20代で活躍できる企業が見つかるサービス

    ※電話面談※【関西】でのご就職をご希望の方はこちら

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】