2019年10月24日(木) 更新

コーセーの事業内容と気になる評判

コーセーの主要な事業は化粧品の製造と販売

コーセーの主な事業は、化粧品の製造ないし販売となります。特に女性用化粧品を取り扱っていて、多種多様なブランドを展開しているのです。中でも米国のアパレルブランドの名を冠した化粧品ブランド「ジル・スチュアート」は大きな利益を上げるようになりました。他には「雪肌精」「アスタブラン」「コスメデコルテ」といったものも手がけています。

コーセーの業績は好調といえる

コーセーが2016年に公開した有価証券報告書を見ると、業績は好調と言えます。平成24年度の売上高が166,508(単位:百万円)で、そこから一度も下落すること無く年々上昇をし続け、平成28年度には243,390となりました。また、平成24年度では5,520人だった従業員数が平成28年度では6,758人となっています。これらのデータから、コーセーの業績は好調と判断できるのです。

コーセーのビジョン

『経営情報』によると、2020年度までにグローバル企業化に向けた「VISION2020」に挑戦している最中です。2014年度までのPhaseⅠでは、見事過去最高の業績となりました。2015年度から2017年度はPhaseⅡの「グローバルブランド育成期」と定め、世界に通用するブランドを目指したブランディングを行っています。2016年度3月の業績を踏まえて、「VISION2020」の目標を連結売上高3,000億円、営業利益率15.0%以上に、上方修正をしました。

男性用化粧品も手掛けるコーセー

コーセーは基本的に女性用化粧品を取り扱っているのですが、いくつか男性用化粧品も手がけています。その中のひとつである「ポール・スチュアート」のフレグランスが、日本フレグランス大賞のプレステージメンズ部門において大賞を受賞したのです。具体的に受賞した製品は「ポール・スチュアート オード パルファン フォーチュン」というもので、大人の男性用化粧品となります。

コーセーのCSRは海洋環境の保全活動

コーセーは様々なCSRを行っていますが、その中にアジアの海に対する保全活動プロジェクト「SAVE the BLUE」があります。元々は沖縄のサンゴ礁の保全活動として始まり、サンゴの植え付けを実際に行いました。現在では中国での植樹、タイでのウミガメの放流、台湾での観光保護活動支援、シンガポールでも海洋環境調査など様々な活動を行っています。

コーセーは福利厚生が充実していて女性が働きやすいと評判

コーセーは福利厚生が充実していて、産前産後の休暇を取ることができますし、女性の多い環境なので妊娠に対して理解があり配慮してくれます。研修制度は整っていて、メイクスキルや接客スキルを学ぶことができ、現場ではOJTとして担当の方が居てくれるため、安心して仕事ができるでしょう。製品開発ではすぐに自分の担当する製品をもてるため、チャレンジできる環境が揃っています。

コーセーは子育てをしながら会社で働き続けてくれる人材を求めている

コーセーでは、妊娠中や出産後であっても会社で働いてくれる方を求めていると言えます。子育てを契機として会社を辞める女性ではなく、働きながら子育てをする女性を育むために十分な福利厚生が整っているのです。研修制度が充実している点でも、社員を育てたいと願っているのでしょう。コーセーは十分な福利厚生の下でよく学び、挑戦心を忘れない方を求めていると言えます。

もっと詳しく業界研究をしておく

化粧品業界を目指す就活生は、化粧品業界の情報収集を深めることが大切です。そこでおすすめなのが「化粧品業界大研究Book」です。資生堂や花王、コーセーなどの特徴や、化粧品業界の課題と展望などを紹介しています。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

コーセーは化粧品を中心に取り扱う企業であり福利厚生が充実していると評判

コーセーは、主に女性用化粧品を取り扱う企業です。中でも「ジル・スチュアート」という化粧品ブランドは大きな収益源となっています。また、男性用の「ポール・スチュアート」はフレグランスの賞を受賞しているので、男性化粧品も良い品質であることが伺えます。業績は好調で、CSRは海洋環境の保全活動などです。女性に理解のある福利厚生の充実した環境も評判ですので、良い職場といえるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント