2019年01月30日(水) 更新

【志望動機に「成長性や将来性を感じた」と記載する就活生必見】注意点と採用担当者の好感を得る書き方

志望動機に「成長性や将来性を感じた」と書くことは良いことなのか

昔から志望動機に多く見られる「貴社に成長性や将来性を感じた」という文言。昨今は、これがあまり良くないのではないかと物議を醸しています。結論からいえば、この文言が悪いのではありません。何が悪いかといえば、使い勝手の良い定型句として何となく使われているのが悪いのです。

そこで、ここではこの言葉の使い方やその評価について詳しく解説していきます。効果的に使う必要のある言葉なので、ここでしっかりと使い方を身につけましょう。それさえできれば、むしろ高評価を得られる大きな武器にすることができます。

就活生は志望動機に「成長性や将来性を感じた」と記載するときの注意点を知っている?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「志望動機に「成長性や将来性を感じた」と記載するときの注意点を教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 上から目線にならないようにする
  • 曖昧になりすぎない、具体例を書く
  • 将来性成長性の何を感じたのか
  • その企業の業界の将来性も踏まえる

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「志望動機に「成長性や将来性を感じた」と記載するときの注意点を教えてください!」

就活生の多くは、志望動機に「成長性や将来性を感じた」と記載するときの注意点について理解していることが分かりました。
「曖昧になりすぎない、具体例を書く」や「将来性成長性の何を感じたのか」など、抽象的な表現・内容にならないように気を付けているようです。
本ページでは、志望動機に「成長性や将来性を感じた」と記載するときの注意点について紹介していきます。

採用担当者は「御社の成長性や将来性に惹かれました」をどう見るか?

履歴書にもエントリーシートでも必ずあるのが、志望動機の欄です。ここに何を書くかは、採用に大きく関わる非常に重要なポイントである事は言うまでもありません。採用担当者がもっとも重要視する箇所と言ってもいいでしょう。

志望動機のマニュアルなどを見ても「御社の成長性に魅力を感じた」や「御社の将来性に引かれて志望しました」などがおすすめの志望動機として紹介されているケースも少なくありません。しかし、そうした志望動機は採用担当者から見ると「ありきたりな志望動機」なのです。

志望動機に成長性や将来性と書く応募者は無数にいる

採用担当者は、大企業であればあるほど、星の数ほどの履歴書やエントリーシートを見てきています。もちろん志望動機に関しても同様で「将来性を感じた」や「成長性に惹かれた」などという表記はハッキリ言って見慣れています。人によっては、入社はおろか社会人経験もないのに将来性や成長性など解るはずがないと捉える採用担当者も居ます。

だからと言って将来性や成長性に関しての事を書いてはいけない訳ではありませんが、書くなら書くでしっかりとした根拠を持たせるべきなのです。その部分をきっちりとアピールできる応募者に対して内定を出すという事を、覚えておきましょう。

内容によっては低評価に繋がってしまう

そもそも「成長性や将来性を感じた」という言葉は、理由ではなく個人の感想です。そのため、それだけ書かれれば、「そうですか」と思われて終わってしまいます。よって、この言葉を志望動機として使うのであれば、具体的な根拠が必要になります。

具体的になぜ成長性や将来性を感じたのかを伝えることは、同時に企業研究の成果を伝えることになるため、評価を上げるのにも役立つでしょう。逆に言えば、これができないのであれば、高評価を得るのは難しいため、この言葉は使わない方が良いです。

一般的に自分の想いを伝えるにあたっては、その理由を根拠立てて示すのが、相手からの評価を上げるのに役立ちます。それは志望動機でも同じ。そのため、この言葉を使うなら企業研究をしっかりとしましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機に成長性や将来性を書くなら、根拠があって然るべき

応募者としては当然ながら、衰退していく会社よりも、これから将来性や成長性のある会社で働きたいと願うのは当然の事でしょう。そうした理由から志望動機の欄に「将来性を感じた」や「成長性に惹かれた」と書く応募者が多いのですが、重要なのは「何故そう感じたのか?」を明確に答えられるかどうかという事です。

その志望動機はきちんと調べた上で書いているか

これは当然の事ですが、志望動機を考える前には、その応募先の企業の事を徹底的に調べるべきです。採用担当者も当然ながら、そうした事は事前に調べているという前提で、面接なり、書類に目を通したりするのです。採用担当者が応募者をどこで判断するかは、きちんと根拠に基づいた志望動機が書けているかどうかです。

成長性や将来性で言うなら個人も企業も同様ですが、どういうデータに基いてそれを志望動機に書いているのか?を、面接で聞かれた時にパっと答えられる状況でなければいけません。業界の事、会社の事、市場規模、売上の推移、数字面での成長性、経営理念など、下調べをきちんと行って、自分の志望動機に根拠を持たせる事が重要なのです。

成長性や将来性を書いた根拠を面接で聞かれる場合もある

「成長性や将来性を感じた」と書くにあたって、根拠を考えておくのは面接のためでもあります。一方的に想いを伝えるだけの応募書類とは異なり、面接は回答に対する質問が行われます。この言葉のように曖昧な回答をすれば、深掘りされるのは自然なことといえるでしょう。つまり、この言葉を使うにあたり、根拠まで考えておかなければ、面接でつまずくことになります。企業の面接では、作成した応募書類を元にした質問が向けられることが少なくありません。

どこに成長性や将来性を感じたのか質問されることは容易に想像されます。このとき答えられない場合、考えなしに応募してきたと思われるため、評価は下がってしまうでしょう。よって、面接をパスするためにも、しっかりと根拠を考えておくことが重要なのです。

志望動機に成長性や将来性を書くなら、一言付け加えるべき

志望動機に成長性や将来性についての事を書くなら、淡白に「御社の成長性に魅力を感じました」や「将来性を感じた」だけでなく、プラスアルファで何か一言を付け加えるべきでしょう。その一言があるだけで、採用担当者は「ああ、この学生はしっかりと下調べをしてきているな」と感じるのです。

そうした一言でやる気が採用担当者に伝わり、内定の可能性も高まると言っても良いでしょう。では、志望動機の欄に具体的にどのような一言を付け加えれば良いのでしょうか?

具体的な数字や業界の動向を志望動機に加える

具体的に志望動機にどのような一言を加えるのが良いのか?採用担当者が惹かれる表現を見てみましょう。

■○○業界はここ数年で○○%の伸びを見せており、その中での御社のサービス提供と経営方針に将来的な成長を見ながら携わりたいと感じた為に応募させていただきました。

■○○年には○○業界の市場規模は○○円に達すると見られ、その中でも御社の○○の商品には無限の可能性を感じた為、自身の強みである精神力と行動力を武器に最前線での活躍と成長を願い、応募しました。

このように、具体的に調べてきた内容と熱意を志望動機に盛り込む事が重要です。ただ上辺だけの言葉を志望動機の欄に並べただけでは、採用担当者には見透かされると思った方が良いでしょう。

自分の将来の夢やビジョンとも絡める

企業の成長性や将来性を志望動機にする場合、その成長や将来を作るのが自分だという意識を持つことが大切です。なぜならば、企業は成長性や将来性を高めるために採用活動を行っているためです。つまり、成長性や将来性を形作るのは外ならない応募者と言えます。よって、もし志望動機に成長性や将来性を書くのであれば、自分の将来の夢やビジョンも書き加えましょう。

可能ならば、その企業に感じた成長性や将来性が、自分の力でどのように大きくしていけるのかを示すと良いです。こうすることで、企業側は企業研究をしただけではなく、働く上で具体的なビジョンを持って応募してきたと判断します。働く姿が想像できるというのは、高評価のポイントとなるため、これができるかできないかで採用確率は大きく変わります。

志望動機に将来性や成長性を書くなら、根拠と理由のある一言を加える

志望動機に「会社に成長性や将来性を感じた」と記載する事に関して解説してきましたが、参考になりましたでしょうか。前提として覚えておかなければいけない事は、応募するならきちんと業界研究た企業研究を行うという事。そして、志望動機に将来性や成長性に関しての事を書くならば、根拠に基づいた理由をしっかりと頭に叩き込んでおく事です。

面接の時に「志望動機に成長性とありますが、具体的にどういう点に成長性を感じたのですか?」と採用担当者に聞かれ、黙りこんでしまう人はたくさん居ます。そうなってしまったら、その段階で不採用の烙印を押されてしまうかもしれません。そうならないように、きちんと志望動機の対策はしておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Ec3cbddd3e05bd95

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

開発力は世界を救う!? 開発や企画のノウハウを伝授!
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

開発力は世界を救う!? 開発や企画のノウハウを伝授!

  • 開催場所: 大阪府
  • 開催日時: 2019/05/25
  • プロの開発力・企画力を学べるセミナー開催。自分のやりたいことを実現できる、開発・企画関係の職種を志望する方、必見のセミナーです。

    19021 view

    【まだ間に合う】5月から始める内定へのスリーステップ!就活対策リスタートセミナー『ロジカル就活』
    • 2020年卒
    • 就活セミナー

    【まだ間に合う】5月から始める内定へのスリーステップ!就活対策リスタートセミナー『ロジカル就活』

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/05/27
  • 今回ご紹介するのは、連休明けから【流れを変えたい方】必見の就活対策セミナーです。

    15452 view

    【大手グループの内定に強い!】就活エージェントサービス
    • 2020年卒
    • 会社説明会

    【大手グループの内定に強い!】就活エージェントサービス

  • 開催場所: 東京都
  • 【大手グループの内定に強い!】就活エージェントサービス

    4589 view

    もっと見る

    おすすめの就活イベント