2021年12月06日(月) 更新

就活で化粧をする際の目元のアイメイクのポイント

女性就活生がアイメイクで意識しているのは「薄すぎず濃すぎず」

キャリアパーク会員の就活生を対象に「女性の方!就活で、目元のアイメイクはどのように気を使っていますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 派手すぎないようにする。
  • アイメイクはしていない
  • 濃すぎず、薄すぎずに、綺麗にみせる。
  • アイシャドウを薄めにすることでフレッシュな感じを出そうとしている
  • 濃すぎず薄すぎず

■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「女性の方!就活で、目元のアイメイクはどのように気を使っていますか?」

女性の就活生にアンケートを行った結果、アイメイクをする際には「薄すぎず濃すぎず」を意識している人が多いとわかりました。就活でのメイクマナーとして基本的な部分は、しっかりと理解できているようです。

就活での試験や面接は、プライベートと区別するべき場所です。そのため、例え普段のメイクが濃くても、同じというわけにはいきません。本記事では、就活で化粧をする際のアイメイクのポイントやコツを見ていきましょう。

大前提は自分が納得して選択したかどうか

就活の身だしなみで悩む人は多いです。第一印象に影響するからこそ、詳細まで気になってしまう人もいるでしょう。一方で覚えておいていただきたいのが、どの企業や採用担当者にも通用する身だしなみの「正解」は存在しないということです。

そのため、就活では自分の魅力を演出することが大切になります。記事の内容は参考にして、自分で考えて選択してください。それが納得できる就活につながるでしょう。

就活の化粧:アイメイクのポイント

就活の化粧はもちろん、アイメイクでは、やりすぎ・盛りすぎは禁物です。アイシャドウはブラウンやベージュなど、自然な肌色に近い派手でない色味を使います。ピンク色は目元が腫れぼったくぼんやりとした印象になるので避けます。

また、ラメやパール感の強いアイシャドウはやめましょう。

目元の化粧は濃くなりすぎないように注意

アイラインを引く場合は、目の際にごく細く入れましょう。目じりを長く引くようなメイクは就活ではやめましょう。アイブロウはちゃんと描きます。特に眉を抜いたり剃ったりしている方は、アイブロウが落ちないように気を付けてください。アイブロウは髪の色と合わせると、顔全体が落ち着いた印象になります。目元の化粧が濃くなってしまうと、逆に印象が悪くなってしまうので注意です。

就活の化粧:アイメイクのNGポイント

就活に不自然なごどのつけまつげやカラーコンタクトは、あまりおすすめしませんまつげエクステも同様です。カラーコンタクトや黒目を大きく見せるためのコンタクトも就活中は外したほうが無難です。

度入りでないコンタクトは極力使わないようにしましょう。目元の化粧はあくまでも自然に近い状態を心掛けましょう。

就活でメガネを選ぶ際の注意点

眼鏡は、ファッション性の高いフレームや色付きのレンズは避けた方がよいです。だて眼鏡やサングラスはかけません。もし、普段使っている眼鏡がファッション性の高いデザインのものなら、就活用にシンプルなデザインのものを一つ買い足しておきましょう。

また、目元を二重にするメザイク等は控えた方が無難です。特に試験や面接のときは、履歴書や受験票に貼った証明写真に近い顔で行った方が無用な疑いやトラブルを避けられます。

就活女子の身だしなみを確認

就活中の女子の身だしなみやマナー、会社の選び方が解る女子学生必見の就活マニュアルをご紹介します。髪型やスーツのことはもちろん、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

写真を撮るときのアイメイクのコツ

履歴書に貼る写真を撮るときは、アイラインを引くと目元がはっきりとするので、きりっとした顔にうつります。アイラインは細いラインが引きやすいリキッドタイプがおすすめです。目の形に沿って、目の際ぎりぎりに引きましょう。目じりはあまり長く引きすぎないようにします。

写真と実物があまりに違わないような化粧を

また、アイシャドウはラメやパールが多いと、フラッシュの光を反射して目の周りが白く腫れぼったい印象になるので、ラメが入っていないマットなタイプのアイシャドウを使いましょう。

ブラウンや濃いめのベージュのアイシャドウを使うと、目元の彫りが強調されるので、大人っぽい印象になります。アイブロウはフラッシュが当たっても眉が消えないように濃いめに描きます。写真を撮る前は鏡でもう一度、自分の顔をチェックしましょう。

就活の化粧は基本的にナチュラルに。アイメイクも自然な感じで。

就活のアイメイクでは、普段のメイクに比べて何だか物足りないなというくらいがちょうどよいです。「この子、ちゃんとメイクしているな」という感じは眉だけで出せばよく、アイシャドウやアイラインは「ぱっと見はメイクしているかわからないくらい」がベストです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント