2016年11月25日(金) 更新

【リク面の前に!!】リクルーター面接の前にエントリーシートを確認する重要性

なぜ、エントリーシートを読み返すのか!?

では、まずそもそもなぜ、リクルーターとの面接前になぜ、エントリーシートを読み返すのか!?そこに関ししてみていきましょう。

実際の面接で、エントリーシートと相違が無いように

リクルート面接を行っているリクルーターは、あなたのエントリーシートを読んだうえで、あなたに連絡をとってきています。つまりそれは、あなたが書いたエントリーシートの内容を、リクルーターが気に入ってくれたということの証なのです。
そんな中で、もしもエントリーシートの内容と違うことを、面接の際に言われたとしたらどうでしょうか。リクルーターは「そんなつもりの人を面接するつもりではなかった」「実際に会ったらがっかりした」という評価をしてしまう可能性が高いです。
自らで書いたエントリーシートでしょうが、リクルーターとの面接が決まったその日からそれは、あなたの教科書へと早代わりします。必ずその内容を復習し、頭の中に入れておき、それをもとに履歴書を作成すると良いでしょう。

どうして、違うことを言ってはいけないのか!?

ここで「だとしたら、事前に提出したエントリーシートとは違う内容を言ってはいけないのか」という疑問がわいてくるはずです。
もちろん、必ずしも同じである必要はないと思います。
ですが、以下のようなことには注意しておきましょう。

信用性がなくマイナスの評価につながる可能性も…

・エントリーシートの志望動機と、面接または履歴書の志望動機がまったく違う
・キャリアプランに差異がある
・特技や趣味が変わっている
・エントリーシートと履歴書で、言葉遣いがまるで違う

志望動機やキャリアプラン、趣味、特技などは、その短期間で変わっているというのはおかしな話です。
もしもそこが変わっていた場合、リクルーターから「本当に思っていることではなく、適当な作り話を書いたのだな」と判断されてしまいます。
また、エントリーシートは丁寧に書いたのに、履歴書で言葉遣いが雑になっていると、こういうところで手を抜く人間なのだとリクルーターは評価しますので、履歴書にも不備がないようにしておきましょう。

気持ちの整理のために読み返しておく

もちろん、リクルーターに不信感を与えないために、エントリーシートの内容とあなたの言葉や履歴書の内容に差異をなくすためのすり合わせを行うということがエントリーシートを見る目的なのですが、それ以外にも効果があります。

それ以外にも効果がある!?

それは気持ちを引き締めることができるということです。人の精神は、必ずしもずっと緊張状態にあるわけではありません。そこには必ず周期というものが存在するのです。
面接の数日前からエントリーシートを確認しておくことにより、その集中力は研ぎ澄まされていきます。頭の中のスイッチが面接というスイッチに切り替わり、万全の精神状態を作り出すことができるのです。いわば、エントリーシートを読むことは、格闘技の選手が精神統一のために座禅を組むことと同じで、自分の全てを出し切るための準備体操ということにもなるのです。

面接は事前に準備することが大切だということ!!

いかがでしたでしょうか!?
何事においてもそうですが、リクルーターによる面接においても、事前の準備は重要なことなのです。
エントリーシートを読むという事前の準備を怠ってしまうと、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことになります。
必ず、エントリーシートの確認を行っておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント