2019年11月21日(木) 更新

就活の面接をウィッグで乗り切るために押さえるべき選び方

就活では印象が良く見える黒髪がベスト

そもそも、なぜ就活になると黒髪としなくてはいけないのでしょうか。まず、ひとつめの理由に、ナチュラルでフレッシュな印象を与えられるという点が挙げられます。本来の日本人の髪の毛は多くが黒色です。赤ちゃんや子供の多くは黒髪で黒髪=ピュアというイメージが強いのです。

就活で着用するスーツにも似合う

また、黒のスーツに合うのも明るい茶色の髪よりも、黒髪でしょう。こういった理由から就活生は黒髪という印象が強くあるのです。その他、おしゃれ染めをした経験のない年配の方の中には茶髪に違和感を持っている方も多くいます。そういったことを配慮すると、黒髪は万人に受けるカラーとなるのです。就活では、様々な面接官の人がいます。どんな人にでも一瞬の間にいかに印象を良く見せるかという点では黒髪がベストなのではないでしょうか。

就活のために髪色を戻すと痛む可能性がある

就活の面接などでは黒髪がいいという理由は分かりました。しかし、就活のために黒髪に戻すと、髪の毛が傷んでしまう可能性があります。特に、現在の茶色やその他の色に髪を染めるときにブリーチなどをしたのであれば、カラーを重ねるとより傷んでしまうでしょう。これは市販のカラー材を使用しても同じです。

就活後にカラーが入りにくいのも欠点

就活が終わり、茶色に戻す際に黒染めは黒の色素が強く残ってしまうため、元のようなカラーにはなりにくいのも大きな黒染のデメリットです。色が入っても赤みが残りやすかったり、思ったようなカラーにならならなかったりと、1度の黒染めで後悔する人は少なくありません。

就活の面接のために黒染めするか迷う人は多い

こういったデメリットを考えると黒染めを躊躇する人もいるのではないでしょうか。
そこで、考えられるのがウィッグの使用です。これなら地毛を染めることなく就活用に黒髪にチェンジすることができるのです。今では、ウィッグでおしゃれを楽しむ若い女性も多く、種類もとても豊富です。近くでみても地毛のようなウィッグも多いのでひとつ持っているととても便利です。

就活用ウィッグではスタンダードなものを選ぶ

就活用に使用するウィッグは、スタンダードなものを選ぶようにしましょう。髪型としては、ストレートロングか、肩ぎりぎのショートヘアーです。就活で髪が長い人は結ぶのが一般的ですので、ストレートロングの場合は、結びやすくなります。また、奇抜な髪形よりもスタンダードなもののほうが顏に馴染みやすくもあるのです。

前髪のあるウィックを選ぶのもポイント

ウィッグのヘアスタイルは、前髪があるものを選ぶほうがおすすめです。前髪がないタイプは、お辞儀をした際や動いた際に生え際から地毛が出てしまう場合があります。就活では両方のまゆげが見える髪形がベストといわれています。そのため前髪を横に流すか、ピンで留めて工夫しましょう。そしてもっとも重要なのが、地毛に近い質の高いウィッグの選択です。少々お値段はかかりますが、毛染めを繰り替えすことを考えたらあまり変わらないでしょう。自然に見えるように何度か練習をして就活に臨んでください。

ウィッグを専門に扱うお店も存在する

OB訪問や面接、就活後の内定式などでは、なるべく悪目立ちしないように黒髪で挑むのがベターですが、一時的なものであるため、ウィッグを使用する人は少なくないのです。そのため、ウィッグを専門に扱う業者や、ネットショップも多くあります。専門店で選ぶと、より自分にフィットするウィッグが見つかりやすいでしょう。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

就活でウィッグを使用する際はスタンダードな前髪のあるものを選ぶ

就活の面接をウィッグで乗り切るための押さえるべき選び方についてご紹介しました。就活の面接や内定式だけのために、カラーをするのは、デメリットも多く存在するため、ウィッグを使用する人は増えています。ウィッグを買うのであれば、スタンダードであり、前髪のあるものを選ぶようにしましょう。専門店や専門サイトを利用すると選択肢もひろがりますよ。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント