2019年08月13日(火) 更新

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ内容と就活・新卒向けの選考対策【グループディスカッション・企業研究】

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考対策①企業研究

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップに参加するには、選考対策は必要不可欠なもの。IT業界の仕事への理解を深められる内容になっており、志望者なら参加しなければ損ですよ!今回は企業研究やグループディスカッションの対策も紹介します。

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップへの参加を考えるなら、選考対策は抜かりなく行いたいですよね。そこで、初心に帰って企業研究から始めましょう。新日鉄住金ソリューションズは、一言でいえばIT企業。活躍している先輩たちの出身学科は、文系も理系の人もいて様々です。

入社後の研修を通じてITスキル学ぶので、ITの知識がなくて不安な人でも心配せずに受けてみる価値はありますよ。

新日鉄住金ソリューションズの企業理念:「創造・信頼・成長」

企業理念を知ることで、後の選考時にも求められる人物像などを推測しやすくなります。「想像・信頼・成長」を企業理念として掲げる新日鉄住金ソリューションズは、情報に関するプロフェッショナルとなります。新たな価値を創造することで顧客の信頼を得て、社会へ貢献したいと考えているのです。

新日鉄住金ソリューションズの事業内容:情報系で多岐に及ぶ

新日鉄住金ソリューションズは製鉄業を行う、新日鐵住金株式会社の子会社にあたります。主に情報システムの企画や監理を行っており、世界トップクラスの鉄鋼メーカーの複雑で高度な製鉄システムを企画・構築してきました。

その結果、24時間、365日、約50年間にも渡って運用されてきたのです。 新日鉄住金ソリューションズの自らシステムを作り上げるノウハウなど、他社にはない魅力にあふれています。

知識だけではない!誠実さや熱意を評価する新日鉄住金ソリューションズ

新日鉄住金ソリューションズの事業内容

  • ○知的業務の生産性向上を目的とした経営及びシステムに関するコンサルテーション
  • ○情報システムに関する企画・設計から運用・保守まで、お客様のシステムライフサイクル全般にわたるソリューションの提供
  • ○クラウドコンピューティング・最適化・拡張現実など先端技術を用いたITサービスの提供

新日鉄住金ソリューションズの競合他社も知ろう

新日鉄住金ソリューションズの属するIT業界の状況も把握しておきましょう。新日鉄住金ソリューションズは業界で9位のシェアを誇る企業です。2014年の時点で業界内でのシェアは全体の3%ほどですが、今後の発展が期待されています。

IT業界の競合他社一覧

  • 第1位:NTTデータ
  • 第2位:大塚商会
  • 第3位:野村総合研究所
  • 第4位:伊藤忠テクノソリューションズ
  • 第5位:ITホールディングス
  • 第6位:SCSK
  • 第7位:日本ユニシス
  • 第8位:NECフィールディング

事業内容・状況

IR情報から分かる新日鉄住金ソリューションズの事業内容・状況について解説します。『報告書』によると、業務ソリューdション事業とサービスソリューション事業の2分野が主な収益源です。データセンターやサービスの強化への投資も行われています。全体で平成27年の第36期決算では、売上高2,187億円となりました。

今後は、受注力の強化、サービス事業の強化、グローバル事業対応力の強化及び新日鉄住金(株)の統合対応等に取り組んで行きます。また、新日鉄住金(株)のシステムを統合作業を行っていきます。

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考対策②実施内容

続いて、新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ内容を把握して、選考対策に役立てましょう。新日鉄住金ソリューションズのインターンシップのコースは以下の4つです。

4つそれぞれの職種の仕事内容を体験することで、ITの仕事内容が分かるインターンシップとなっています。

SE職のインターンシップ

SEのタマゴ養成講座と言えます。 現役SEが徹底レビューをしてくれて、リアルなプロジェクト体験ができます。

SI営業のインターンシップ

ビジネス創出力養成講座です。ここでは、課題抽出、戦略立案からコンペまでを行います。SI営業の醍醐味を体感できます。

ITコンサルタント職インターンシップ

新日鉄住金ソリューションズ流ITコンサルタントの養成講座です。理想を描くだけではなく、実現力のあるITコンサルティングに挑戦できます。

研究開発職インターンシップ

最先端技術と新しい開発手法でITの未来を創るという内容です。

SI営業のインターンシップではグループディスカッションを行う

SI営業のインターンシップは、4~7人でグループを作り、システム開発における顧客案や、開発方法を議論します。最後にはフィードバックが貰えるため、自分の弱点を考察できますよ。後の就活でもグループディスカッションが行われる機会が増えるため、これを機に慣れておくといいですよ。

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考対策③グループ面接

続いては、新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考を紹介します。 グループ面接選考が行われるため、それを突破しなければ参加はできません。同時に筆記試験も行われるのですが、学生は二手に別れ、一方は筆記試験後にグループ面接を行い、もう一方はグループ面接を行ってから筆記試験を行うという形になります。

こればかりは運ですので、どちらになるかは分かりません。どっちに転んでも良いように、心の準備だけはしておきましょう。

新日鉄住金ソリューションズのグループ面接での質問例集

では、新日鉄住金ソリューションズのグループ面接はどのような内容なのでしょうか。過去のグループ面接選考を参考に対策を立ててみましょう。

グループ面接の質問例

・「新日鉄住金ソリューションズのインターンシップに志望した理由を教えてください」
・「インターンシップに参加して、どのようなことを学びたいですか」
・「インターンシップではグループワークを行うことになりますが、あなたはどのような役割を果たし、活躍することができると思いますか」

対策:論理性を重視した発言を心がけよう

IT業界において最も大切とされているのは論理性です。様々な質問をされると思いますが、内容にこだわるよりも論理的に破綻していないか、矛盾していないかに気を配って答えたほうが評価は上がります。それこそが対策になると覚えておいてくださいね。

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考経験者の声

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考に参加した学生はどのような感想を持ったのでしょうか。

インターン参加者の声

  • 「社員や人事の方が優しく、尊敬できる人だったので、インターンシップに参加したいという気持ちがより強くなった」
  • 「それほど厳しい面接でもなかったが、それでもやはり対策はとっておいたほうが良かったと思った」

社員との触れ合いにより想いが強くなるインターンシップ

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考に参加した学生は、社員の方たち雰囲気や気配りを感じて、この会社で働きたいとより強く思うようになる人が多いようです。また、対策をしっかりと取るべきという声もありました。スタンダードな面接の形式とはいえ、やはり練習は必須の対策です。

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップ選考対策では論理性を重視しよう

新日鉄住金ソリューションズのインターンシップは、IT業界を目指す学生にとっては是非とも受けたい内容でしょう。就活生にとって、まだまだ知らないIT業界への理解を深められるなど、多くのメリットに溢れていますよ。

きっと社会人になってからでも役に立つことでしょう。IT業界を希望する学生さんは、早めに動いて、申込みをすることをおすすめします。選考対策は万全に!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント