2020年06月23日(火) 更新

アサツーデイ・ケイに必要とされる学歴や採用人数【ADK】

ADK(アサツーデイ・ケイ)の選考は、面接3回・筆記試験1回

選考にはエントリーシートを得るために、まずWEBの事前設問に答えます。年によっては3回行うこともあります。その後、期日までに会社案内とエントリーシートを本社へ受け取りに行きます。

書類選考通過後は、一次選考と二次選考の面接、三次選考の筆記試験、そして最終選考の流れです。筆記試験はWEBテストで英語と数学、算数と国語、漢字と性格テストを行います。GBAの形式で、計算と言語はやや難易度が高めのため練習しましょう。

ADKの選考情報①:社員訪問が可能

選考情報としてまずは、ADK(アサツーデイ・ケイ)の選考の流れを説明します。まずマイナビなどで採用専用ホームページのIDなど取得し、説明会や選考のお知らせを受けられる状態にしましょう。

選考情報の特色として、ADK(アサツーデイ・ケイ)は社員訪問ができます。説明会では、ADK(アサツーデイ・ケイ)の特色について学べますが、ADK(アサツーデイ・ケイ)の仕事内容や、社内の雰囲気などを詳しく知れるでしょう。

社員訪問では、社内の雰囲気や社員の出身大学を聞ける

何より営業職やスタッフ職、若手社員の仕事や就職活動の話を聞けるメリットがあります。現役社員の出身大学、すなわち学歴も知れますが、間違っても採用人数を聞かないようにしましょう。

このように、選考情報をしっかり把握すると他のライバルよりも大きなメリットがあるのです。ADK(アサツーデイ・ケイ)は人気大手広告代理店なので、学歴を問わない分、逆にチャンスは幅広く開いています。ADK(アサツーデイ・ケイ)はクライアントと一緒にアイディアを実現できる実行力を持った人が求められています。そこをアピールできなければ学歴の高い大学生でも振り落とされます。

自分は広告業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、広告業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。
My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が広告業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

ADKの選考情報②:学歴は求められていない

ADK(アサツーデイ・ケイ)を受ける人に知っておいてもらいたい選考情報があります。ADK(アサツーデイ・ケイ)は基本的に学歴を問いません。早慶上智や中堅私立大学、偏差値が高くない大学など、幅が広いようです。

ただし、採用人数が多いので競争が激しく、しっかりアピールし企業が採用したいと思った人が内定を得ているといえます。理系からなぜ広告業界にしたいと思ったのか面接で聞かれることはありますが、大学の専攻で振り分けられる心配はないようです。文理関係なく広告の仕事をしたい人は検討してみると良いでしょう。

海外事業に力を入れているため、英語がアピールになる

英語を得意とする人に良い選考情報です。ADK(アサツーデイ・ケイ)は、コンテンツビジネスをはじめ海外事業に力を入れていくため、英語が得意ならアピールになります。

留学経験があれば、その中で広告に関わる経験があると印象が違うと思われます。留学経験がなくても英語を勉強中であれば、海外広告ビジネスに興味ある旨をアピールしても良いでしょう。では最後に採用人数と配属についてご紹介します。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

ADKの選考情報③:採用人数は50人だが減る傾向にある

選考情報として採用人数は気になるところでしょう。最近の選考情報では、ADK(アサツーデイ・ケイ)の採用人数は2014年のデータによると50名が予定人数です。

例年そのくらいの予定人数で、実際の採用人数は38名など、少なくなる傾向にあります。全体なので各部署へは、数名程度の採用枠になるでしょう。

また、採用倍率が200~300倍と非常に高く内定争いが激しいです。学歴では差別化されないが、いかにADK(アサツーデイ・ケイ)で、どうしたいかを考え抜かないと選考を進んでいくのは難しいでしょう。

ADKに採用されたあとは、営業に配属される人が多い

内定を勝ち取った後は、全国の本社あるいは支社へ配属されます。部署は営業部やマーケティング局、デジタル、人事など支社や年ごとに配属されるところが決まってしまいますが、広告戦略を形にするADK(アサツーデイ・ケイ)では営業部に配属される人が多いでしょう。

いくら学歴が重視されないとはいえ、競争力が高い以上、内定が取りづらいことがわかります。

ADKの今揃っている選考情報をいち早く察知して、有利に就職活動を進める

ADK(アサツーデイ・ケイ)の就職を目指すなら!知っておきたい採用情報【学歴・採用人数】を紹介しました。就職活動は、選考情報を素早く察知した人間から有利に立てます。

ADK(アサツーデイ・ケイ)の現在の選考情報を考えると、学歴は関係ないが採用人数に対しても応募人数が多いため厳しい闘いになると思います。

どうしてADK(アサツーデイ・ケイ)に入社したいか、自分は入社後に働ける人材なのかきちんと説得できれば、採用人数の枠内に入れるかもしれません。今回紹介した方法を参考に、就職活動を有利にすすめましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント