2019年11月11日(月) 更新

数列問題の解き方は?SPI試験で大事な3つのコツ

数列問題における解き方のコツ①:前後の内容から答えを導き出す

SPI試験の数列問題は、前後の数列から導く解き方を用いて進めていくというコツがあります。
例えば、2つ前の数字から、18と12で、空欄の次の数字が0の場合は、6ずつ数字が減少していることがわかるので、この場合の正解は6です。この様に、SPI試験の数列の問題は、前後の数列に注目することで解答できるようになっており、中学生レベルの単純な解き方になっています。

簡単な数列問題は即時に解答する

SPI試験の数列問題は、初級から中級なので、最初の方の問題であれば、問題文を見た瞬間に正解がわかることもあります。SPI試験の数列の問題に慣れることで、引き算や足し算など単純な規則ではなく、掛け算や割り算などの規則の問題もすぐに看破できるようになるでしょう。WEBテストにおいて、1問あたりに与えられている時間は非常に少ないので、少しでも時間をロスしないように、あらかじめSPI試験の練習問題に取り組んでコツを掴みましょう。

数列問題における解き方のコツ②:問題に当てはまる計算方法を推測できるようにしておく

SPI試験の中級レベルの数列の問題になると「3分の1を繰り返す「2乗をかけている」など、見た瞬間にはとても正解がわからない場合もあります。その際には、あらゆる計算方法を駆使して、数列の規則を見つけ出しましょう。
SPI試験では数字が1つ進むごとに、増える幅が2倍になるような数列の問題もあるので、数列から連想できることを考えて、試しに仮定して計算してみましょう。

上がり幅が大きい数列は掛け算をしよう

例えば、SPI試験の数列問題において、数字の上がり幅が大きい場合は、掛け算をして数字を入れてみましょう。4の次は16、16の次は64など、毎回4をかけている数列の場合もあります。
単純にかけるのではなく、ある数字をかけて毎回上がり幅が増えることを想定しましょう。あらゆる条件で当てはめることが、最も早く正解を導き出すコツです。

数列問題における解き方のコツ③:消去法で不正解の数列の候補を消す

数列を入れる前に、選択肢を見ましょう。選択肢を見て、明らかに正解ではないと判断できる数字を消去するのがコツです。はっきりと正解ではないことがわからないのであれば、無理に消去してはいけません。
無理に消去してしまうと、残った正解の候補の数字といつまで経っても合致しないために、正解を導き出せなくなります。計算を進める上で、明らかに不正解な選択肢がわかってくるので、わかってから消去しましょう。WEBテストにおいては時間が重要な要素となってくるのです。

消去法を使えば解答の選択肢が減り時間短縮につながる

SPI試験などのWEBテストの数列問題は、他の問題に時間を割くためにもできるだけ早く解くのがコツです。消去法を活用することで、正解を選びやすくなり、それだけ時間の節約に繋がります。
数字が減少しているにも関わらず、下がり幅に対して明らかに下がり幅が小さい数字は正解の候補から外しましょう。ただし、空欄後の数字を見て、下がり幅的に正解としてありえるのであれば残しておくことが大切です。

SPI対策に反復練習ができる問題集をプレゼント

採用試験でSPIを実施する企業は多いです。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

SPI試験における数列問題は前後の数字から推測し消去法で短時間解答することが大切

SPI試験の数列問題でスムーズな解き方をするためには、数列を見ただけである程度規則がわかるようになるまで、練習問題に取り組む必要があります。
SPI試験の数列問題は、初級では足し算と引き算なので1目で正解がわかることもありますが、中級になると2乗する、分数による変動など、1目見ただけでは正解がわかりづらいです。中級の問題でも1目見ただけである程度の正解の候補を絞り込めるように対策しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶東京会場へのお申込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。