2019年11月11日(月) 更新

SPIの確立問題を解くための覚えるべき公式と対策

SPI試験において確率の問題を解くためには公式を確実に覚えよう

確率を求める公式は、起こりうる確率=「起こりうる全ての場合の数」分の「起こる場合の数」となります。この公式に当てはめるだけで、SPI試験の確率問題はクリアできるでしょう。
しかし、この公式に当てはめるのが非常に難しいのです。どの数字が、「起こりうる全ての場合の数」なのかがわからず、公式を用いることができずに諦めてしまうハメになります。

数字を公式のどの部分に当てはめるか理解できるようになろう!

確率の問題が応用である限りは、公式を知っているだけではクリアできません。何度も、確率の問題を解いて「起こりうる全ての場合の数」と「起こる場合の数」に何が当てはまるのか読み取れるまで練習を続けましょう。
WEBテストにおいて、タイムロスは命取りです。SPI試験の確率の問題をスムーズに解けるようになるまでには時間がかかるかもしれませんが根気強くやりましょう。

SPI試験における確率の問題で解析力を示すことができる

SPI試験の能力適性検査における非言語試験の数学科目で高得点を取れば、企業に社会人として必要な解析力が高いことを示せます。確率を数値化することができれば、企画や日々の業務をより効率化させることができますよね?
また、成功率を導き出して、リスク分散やより利益が高い手段を選ぶことができるようになります。業務で数学を使用するかどうかは関係が無いので、しっかりと勉強しておきましょう。

確率は多くの企業で選考に影響を及ぼす分野である

会社によって、SPI試験のどこに重点を置いているかは異なります。英語力を重視している会社もあれば、コンサルティング会社など解析力を重視している会社も存在します。
ですが、物事を数値化して論理的思考で効率や利益を上げることに繋がるので、SPI試験において確率の問題の得点は多くの企業で選考に影響を及ぼします。出題数も数学の中では最も多い部類です。

確率の問題には柔軟な思考が求められる

確率の問題は、基本的に文章問題です。
「当たりのくじが5本、はずれのくじが8本あります。同時3本引いた場合、当たりのくじを引く確率を次の中から選びなさい。」という問題が出た場合に、上手く公式に当てはめられるかどうかがポイントになってきます。文章が変わっただけで、当てはめ方は変わらないので、どのような問題が出ても動じないのがポイント。

確率の計算に時間がかかる場合には後回しにしよう

SPI試験の確率計算に時間がかかる場合は、後回するのが良いでしょう。30分で45問以上出題されるのが一般的なので、1問あたりにかけられる時間は1分以下です。WEBテストはそれほど時間にシビアであると認識しておきましょう。
悩んで考え込んでしまうと、それだけで数問を解答する時間が無くなります。SPI試験の確率の問題を読んで、読解できないと思ったら、すぐに次の問題に移りましょう。柔軟な思考が求められるため、考えすぎると余計に解答できなくなりますよ!

SPI対策に反復練習ができる問題集をプレゼント

SPI問題を反復練習する際におすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

SPI試験の確率問題は起こりうる確率=「起こりうる全ての場合の数」分の「起こる場合の数」の公式をしっかり覚える!

SPI試験の数学科目(非言語問題)では、様々な種類の問題が出されますが、中でも確率の問題は難易度が高いです。落ち着いて公式に当てはめれば難なくクリアできます。しかしながら、同時に読解力も必要なので、問題によっては後回しにして時間の効率化を考えましょう。WEBテストでは、時間配分が攻略のカギです!
事前に、どれだけ多くの確率の問題を解いたかどうかで、SPI試験の点数が変わります。何度も練習しスムーズに公式に当てはめられるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント