2019年12月19日(木) 更新

面接と性格テストを併用する採用試験の診断内容と注意点

当たっている?性格テストの結果に対する感想は人により異なる

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活中に行われる性格テストに対してどのようなイメージがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 当たっていたり当たっていなかったりする
  • あまり興味がない
  • 当てはまる部分が多い
  • 客観的な自分を少しでも知れるイメージ
  • 本当に自分の性格なのかなと思うこともある

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活中に行われる性格テストに対してどのようなイメージがありますか?」

就活中におこなわれる性格テストについて、当たっていると思う人もいれば想像と違う結果だと感じている人もいます。「当たっていたり当たっていなかったりする」「本当に自分の性格なのかなと思うこともある。」など本人には本当の自分が分かりますが、企業からテストの結果だけで人柄を判断されてしまうと、誤解が生じるのではと思ってしまいますよね。この記事では、性格テストを受ける際の注意点についてご紹介します。

近年の採用試験では、面接と合わせて性格テストを実施

最近の大手企業の採用試験では、面接と合わせて性格テストを実施する傾向が強いです。ほとんどの採用試験では、面接と面接の合間に能力検査と性格テストがあるのが一般的です。

能力検査は国語や数学の問題を解かせることで、本人の能力を判定する採用試験です。一方、性格テストは適性や性格を判断するための採用試験です。

性格テストの嘘は面接で必ず見抜かれるので、嘘は付かない

性格テストの結果は面接や採用後に使われます。採用試験の面接の際に面接官が応募者との面接時の対応の材料として利用します。志望者が採用になった場合、人事部や配属先の上長が採用者とのコミュニケーション時に参考資料として利用します。
応募者が性格テストで嘘をついて回答をしていると面接時に見破られる可能性があるので、嘘をつくことはやめましょう。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

もっとも代表的な性格テストはリクルートキャリアのSPI

有名な性格診断テストには以下のようなものがあります。
・SPI(Synthetic Personality Inventory)
・YG性格テスト(矢田部ギルフォード性格テスト)
・ロールシャッハ(Ror schach test)

最も有名なテストは、SPIです。SPIは株式会社リクルートキャリアが運営する採用試験の総称です。

SPIは試験会場で一斉受験するテストセンターが一般的

SPIは1973年に開発されたもので、40年以上の歴史があります。多くの企業が採用試験でその能力テストと性格テストを面接に併用していることが多いです。年間利用社数は11,000社、受検者数は180万人に上ります。

SPIの性格テストは200問の質問が出題されます。試験形式は、テストセンター、Webテスト、インハウスCBT、ペーパーテストとあり、採用試験の過程で企業から指定をされます。試験形式の中で最も実施されているのは、テストセンターです。リクルートが運営する全国の試験会場に行き、パソコンで能力テストと性格テストに回答する試験です。

性格テストは、似たような質問で回答者の嘘を見抜いている

性格診断テストでは、人への接し方、課題への取り組み方、感情をコントロールすることが出来るか、このテストを正直に回答しているかを診断されます。性格診断テストで最も大切な事は嘘をつかないことです。

試験問題が200問あるので、似たような質問が後から出題されます。その際に先の回答と異なると答えにムラが出てしまい、自分をよく見せようとしていることがバレてしまいます。

向上心のある回答をすると企業から好まれる

しかし、質問にはある程度好まれる回答が存在すると言われています。向上心のある回答が一般的には好ましいです。

また、量の多い質問を限られた時間の中で解かなければならないため、ゆっくり解いていると時間切れになってしまう可能性があります。

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

最後に、SPIについて、キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:SPIを行っている会社に対してどのような印象をお持ちで、どのような対策をしていますか?苦手な問題とその理由、オススメの勉強法や書籍などもあわせて教えてください。(対策をしていない人はその理由を教えてください。)

就活生の回答

私はSPIをおこなっている企業に対して、正直良い印象を持っていません。SPIの結果で判断されるということは、中身ではなくスキルで判断されたということになるからです。応募者も多いため、スキルで判断してある程度の成績に届かなかった人を落とすのは当たり前かもしれませんが、SPIが苦手な自分としては非常に辛いと思っています。また、SPI対策には参考書を使っています。参考書を繰り返し解くことで、SPIに慣れていくことができると考えているからです。制限時間もあるため、なるべく早く問題を理解して解くことが大切だと思います。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております

面接と性格テストを併用する採用試験で一般的なのはSPI!嘘をつかないよう注意する

面接と性格診断テストを併用する採用試験の診断内容と注意点を紹介しました。性格テストは、適性と性格診断が行われます。性格テストのみで応募者を不採用にする企業は少なく、面接を実施した上で決定する企業が多いのですが、中には性格診断テストのみで不採用にする企業も存在します。

例えば、銀行員にお金に関する不正は絶対許されませんので、適性はかなり採用に考慮されるでしょう。嘘は必ず見抜かれますので、あくまで素直に回答しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。