2016年11月29日(火) 更新

ドイツ銀行の社風・福利厚生や教育制度で就活生が知っておくべき事

ドイツ銀行の社風・福利厚生・教育制度①

ドイツ銀行の社風は、長い歴史に誇りを持つドイチェ銀行の名称にあります。日本では慣れ親しんだ「ドイツ」が公称となっていますが、社内では世界で使われているドイチェとなっていて、企業のステイタスを重んじる姿勢は社風と言えるかもしれません。

社風:個人にかかる負担よりもチームの努力で結果を残す

ドイツ銀行の社風は、金融業を営む企業としては堅い会社であることを自認しています。一方でドイツ銀行の社員の雰囲気はおおらかで、社風はダイバーシティを謳歌する働きやすい職場と感じることができます。これは業務がチームで行われるため、個人にかかる負担よりも、全体の努力でよりよい結果を残すことが制度化しているからです。また社風としては個人をサポートする福利厚生やスキルアップを促す教育制度を整え、より優秀な人材を育てる環境がドイツ銀行にはあります。一方で教育制度によってスキルアップした人材は、より高い仕事を目指し社外に流出するというジレンマもあり、今後のドイツ銀行は福利厚生について更に整えられ、長く働きたい企業になっていくことでしょう。

ドイツ銀行の社風・福利厚生・教育制度②

ドイツ銀行の福利厚生は、グローバル企業として教育制度ともに整備されています。働く女性にとって優しい企業と認められる「ワーキングマザー企業ベスト100」に選出されたほど、その制度設置と利用度の高さは社風とも言えます。

福利厚生:社員のリラックス・リフレッシュを考えた制度が充実

ドイツ銀行の入社選考時には、女性枠のようなものはなく、また配属や待遇も男女の区別はありません。ですからドイツ銀行では、教育制度を活用しスキルアップしたのもが希望する仕事につける制度が確立していて、働く者にとっては理想的な社風とも言えます。ドイツ銀行の福利厚生の制度については、スポーツクラブの会員権利用などのリラックス・リフレッシュ目的のものと、フレックス勤務や休暇について、保険や持ち株会など多くのメニューが用意されています。

ドイツ銀行の社風・福利厚生・教育制度③

ドイツ銀行の教育制度の整備は社風とも言えて、企業が優秀な人材を求めるため、個人のスキルアップを望むことのあらわれです。企業の利益に繋がる人材育成ですが、もうひとつ大切なことは働きやすい環境をサポートすることです。グローバルなトップ企業の責任として福利厚生の整備が行われ、働きやすい環境をつくるために、リフレッシュしたり、家族のサポートができるようにしています。このような制度が優秀な人材を維持するためでもあることは確認できると思います。

教育制度:新卒入社社員研修でビジネスマナーや必要な知識を得る

実際にドイツ銀行の新卒者むけの教育制度をみると、まずは企業情報やビジネスマナーを学ぶため新卒入社社員研修を受けます。さらに業務に必要な最低限の知識を得ることができ、また福利厚生の利用方法などもこのときにアドバイスを受けることができます。このような社員間のサポートはチームを大事にする社風と言えます  

ドイツ銀行はチームで協力し合う社風で女性が働きやすい福利厚生やビジネスマナーや必要な知識を習得する教育制度が充実

ドイツ銀行の社風は、折り目の正しい企業体質と、自由を謳歌できる働く環境もつ優秀な人材が相まっているころにあります。責任の所在を明確にする金融業ならでは企業体質は、一口に社風で片付けることができない伝統のなかにあることは覚えておきましょう。またドイツ銀行の福利厚生や教育制度の整備は外資系企業では概ね整備されていて、特にドイツ銀行は教育制度よりも福利厚生に力を入れています。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント