2019年12月17日(火) 更新

ドイツ銀行の選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

ドイツ銀行の選考情報①:選考の内容と流れ

ドイツ銀行の選考情報として、まずはエントリー後に筆記試験によって限られた採用人数のために大幅な足切りが行われます。テスト科目は国語と英語に数学があります。一定レベルの学歴があってもかなり難しいので、一応CABの対策をしておけば安心できると思います。ここで大事な選考情報とは「ドイツ銀行の英語」についてです。

選考情報:最低限の文章能力と会話ができる英会話力があればOK

ドイツ銀行の社員間のコミュニケーションが英語で行われているほどですが、決して得意じゃなくても採用人数から排除されることはありません。選考情報として、クライアントの大多数が日本語である以上、最低限の文章能力と会話ができれば英語に関する秀でた学歴がなくても心配はありません。ただし入社後は必ず必要になりますので、もし可能であればエントリー前に一定程度の英語力は習得してきましょう。

ドイツ銀行の選考情報②:求める学歴

ドイツ銀行の選考情報としては、学歴に対する位置付けは能力の裏ズケと思うことはなく、直接本人を評価して決めることになります。学歴がステイタスとして考慮することはありませんし、採用人数枠に考慮されることはありません。

学歴:外語専攻や留学経験があると有利

ドイツ銀行の選考情報として学歴は不問ですが、ドイツ銀行は英語に関する学歴を最大限考慮します。大量の足切りが行われる採用人数ですから、初期の選考においては有利と言えます。なお選考情報として語学力がなくてもマイナス評価になることはありませんので安心して応募することができます。選考情報として足切りが多いことから初期選考が大切になりますので、まずは早めのエントリーをすることが、すぐできる確実な方法です。締め切り間際になると大量の送付があり選考上も厳しくなりますので、なるべく早めに提出するようにしましょう。

ドイツ銀行の選考情報③:気になる採用人数と配属

ドイツ銀行は学歴による選考をすることはなく、あくまでも個人の能力と企業カラーにあっているか、価値観が共有できるかを確認します。選考情報として採用人数枠は15名程度となっていますが、ドイツ銀行では入社数を公表していませんので、あくまでも募集人員と思った方がいいでしょう。

採用人数:非公開とされており定まっていない

なお、選考情報としてドイツ銀行では採用人数が限られていますので、当初の志望職務が配属先となります。裏返すと希望職種に空きがないと選考されない可能性がありますので、さまざまな場面でコミュニケーションを大事にし、情報集は大事なことになります。また英会話が自由に使えない場合には、入社後なるべく早くに習得するための個人的なスキルアップをしなければなりませんので、外語専攻の学歴は有利になります。なお海外大学の場合には、財務諸表等の様式が違うため、一定程度の知識を有しておくことが大切です。

就活生に人気の高い業界をチェック

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

ドイツ銀行の選考情報として学歴は不問であり採用人数は非公開で定まっていないが募集人員は15名程度

ドイツ銀行の選考情報として、限られた採用人数を勝ち取るために自己分析を行い長所と短所を確実に把握することが大切です。長所はアピールし短所は改善すれば必ず採用人数枠に入ることができると思います。学歴重視の日本企業とは違い、ドイツ銀行は能力主義、成果主義で学歴にステイタスは求めず、ヤル気のある人を求めています。求められた人材になりえるようアピールできれば希望は叶うと思います。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント