2016年11月29日(火) 更新

三菱レイヨンの選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

三菱レイヨンの選考情報①:選考の内容と流れ

三菱レイヨンの選考の流れは以下のようになっています。

①WEBエントリー
②エントリーシート(ES)提出
③書類選考、WEB上での適性検査
④面接
技術系:2~3回
事務系:3~4回
⑤内定

選考情報:面接の回数は技術系・事務系で異なる

選考情報から三菱レイヨンの面接は標準的な流れであることが分かります。
ただ選考情報として注目すべきポイントは面接の回数が技術系、事務系で異なる点に注目です。学歴が理工学部の学生であれば、研究分野などから比較的判断しやすいのに対し、文系の学生の場合、判断に少し時間がかかるということでしょう。
詳細は採用人数の項で説明しますが、技術系、事務系あわせて数十人という狭き門のため、とくに事務系希望であれば、激戦は覚悟しなければなりません。
それでは選考情報として三菱レイヨンに求められる学歴、採用人数、入社後の配属先を確認していきましょう。

三菱レイヨンの選考情報②:求める学歴

三菱レイヨンの選考情報として求められる学歴について見ていきます。三菱レイヨンは化学メーカーですから、学歴としては理学部、工学部といった理系が有利と思われがちです。実際は事務系の職種においては、学部は限定していませんので、文系であっても活躍の場は提供されます。

学歴:文理・専門は問わない

ただし採用人数にも関わることですが、三菱レイヨンの競争は激しいでしょう。選考情報としては文系の場合は内定獲得までの道は険しいといえます。また理系であっても、化学は専門ではないというケースもあると思います。この場合も、入社後に積極的に知識を身につける意識があるかどうかが問われますが、選考に大きく影響することはありません。ただし三菱レイヨンは超人気企業ですから、理系であっても激しい競争になることは文系と変わりません。
次に選考情報として採用人数と配属先を確認しましょう。

三菱レイヨンの選考情報③:気になる採用人数と配属

三菱レイヨンの採用人数は公式には明らかにされていません。過去の実績を見てみましょう。

2013年:文系13名 理系:31名
2014年:文系13名 理系:20名

選考情報として文系、理系ともに採用人数は多くありません。学歴を問わず厳しい条件での就活になります。

配属:希望と適性などを考慮したうえで決定

選考情報として気になる入社後の配属先は、学歴や適性によって決定されますが、基本的には
文系:企画営業、管理などの事務系
理系:研究開発、生産技術、エンジニアリングなどの技術系への配属となるでしょう。
勤務地は東京本社、大阪支社、広島県、愛知県などの営業所、研究所があり、本人の希望と適性などを考慮したうえで決定されます。性別によって配属先が限定されてしまう心配はないようです。三菱レイヨンは男性社員の比率は高いものの、女性であっても様々な活躍の場が提供されます。

三菱レイヨンの選考情報として学歴は文理問わないが例年の採用人数は文系10数名・理系20数名と大企業としては少ない

選考情報として学歴、採用人数をキーワードに三菱レイヨンの選考について検証していきました。文系、理系それぞれ活躍の場が提供されていますし、三菱レイヨンの選考基準も学歴偏重ではないため、学歴は大きなハンデとはならないと考えて良さそうです。採用人数は三菱レイヨンほどの大企業としては、あまり多くありません。内定獲得までの道のりは厳しいといわざるをえないでしょう。
選考情報として学歴を限定しないが、採用人数は少ない、という傾向から見えてくるのは、三菱レイヨンは人材を重視する傾向が強い企業であるということ。ここが内定獲得のための大きなポイントといえます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント