2018年10月11日(木) 更新

三井不動産レジデンシャルの選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

三井不動産レジデンシャルの選考情報①:選考の内容と流れ

三井不動産レジデンシャルの選考情報として内定までの流れを説明します。
三井不動産レジデンシャル選考情報は、まず学歴のチェックから始まります。求める学歴に沿っているかを確認した後、エントリーを行います。
そしてエントリー後、先輩社員訪問を行い、街づくり未来体験セミナーや社員の声を聞くセミナー、物件見学会などを経て6月中旬頃にエントリーシートをWEBから提出します。

選考情報:エントリーシート→筆記試験→グループ面接・小論文→人事→最終

その後の選考情報として、一次選考として筆記試験が行われ、合格したらグループ面接と小論文を受けます。
それをクリアしたら人事面接を経て最終面接となり、そこで合格したら内定となり採用人数のうちの一人となります。数ヶ月をかけての就活となりますので、途中で脱落する人もいます。
しかし、魅力的な会社であるがゆえに採用人数枠に入りたいと思っている人は多いため、ライバルが多いです。ライバルに負けないためにも業界研究はしっかりしておきましょう。なぜなら企業はそこを採用の軸においているからです。採用するのであれば、何の知識もない人よりも、業界研究や企業研究をしっかりしている意欲のある人を選ぶものです。無料でダウンロード出来る不動産業界大研究Bookを使って早いうちから業界への理解を深めましょう。

三井不動産レジデンシャルの選考情報②:求める学歴

三井不動産レジデンシャルの選考情報として、求める学歴は大学卒以上であることです。
三井グループ系の正社員は基本的に大学卒以上の学歴が求められます
選考情報として対象学部や学科は特になく、幅広く募集をかけています。これは三井不動産レジデンシャルの一般職、総合職で代わりはありません。

学歴:対象は大卒以上で学部学科の制限はない

三井不動産レジデンシャルの求める学歴は、大学卒以上で学部学科の制限はありません。また、三井不動産レジデンシャルは不動産会社であることから理系からの応募も多くロジカルに考えられる人が多いため、文系の方も採用人数枠に入るために食らいついています。
ちなみに一般職は総合職の業務遂行をサポートする人たちで、総合職は企画や外部折衝、判断などの高い専門性や創造性が求められる業務を担当します。
また、一般職は採用人数が少なく総合職よりも倍率が高くなっています。
では、次は気になる採用人数の選考情報について説明していきたいと思います。

三井不動産レジデンシャルの選考情報③:気になる採用人数と配属

学歴などの選考情報の説明の次は、三井不動産レジデンシャルの気になる採用人数や配属についての選考情報を説明します。
三井不動産レジデンシャルの配属先は、総合職は住宅開発分業事業や海外事業、販売受託事業、スタッフ部門業務に分かれています。
一般職は契約コンサルティング業務とスタッフ部門業務に分かれています。
そのため配属先といっても様々で、あらかじめ自分の希望する配属先を決めておくといいでしょう。
基本的に希望配属先が優遇されますが、適正を見て変わることもあります。

採用人数:総合職は15名・一般職は5名程度

三井不動産レジデンシャルの採用人数の選考情報ですが、総合職は15名程度、一般職は5名程度になります。
少ない人数となりますが、少ない人数でしっかりと社員を育てていく姿勢が見えます。
三井不動産レジデンシャルの学歴は大卒であればいいので、高学歴からそれなりの学歴まで様々な人たちが採用されます。だからこそ色々な視点が見え、会社の発展に繋がっているのかもしれません。

三井不動産レジデンシャルの選考情報は学歴は大卒以上で学部学科の制限はなく採用人数は総合職15名・一般職5名程度

三井不動産レジデンシャルの採用人数や学歴の選考情報はいかがでしたか?
何度もお伝えしていますが、三井不動産レジデンシャルでは学歴は重視されていません。
つまり見込みを含める大卒であれば多くの人にチャンスがある会社です。
しかし、採用人数が少ないため三井不動産レジデンシャルの倍率は高めです。
三井不動産レジデンシャルの採用人数に入るために企業研究や面接対策、小論文の対策などを入念に行っていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント