2016年11月29日(火) 更新

フリーターが就職して正社員になる3つの方法

フリーターは正社員としての就職が難しい

終身雇用制度が崩壊し、一人が一生を同じ職場で終えることのほうが多くなってきました。しかしながら、そんな中でも一度フリーターになってしまうと、正社員としての就職が難しいというのが現状です。正社員からの転職ということであれば、新たな仕事も見つかりやすいですが、フリーターからだと、やはりアルバイトや派遣社員という働き方になってしまいがちです。

就職経験がないフリーターは即戦力として見てもらいにくい

日本では、就職活動というのが大々的に行われ、“新卒”かどうかが問われるというシステムが根強くあります。新卒であれば、ゼロから教育して、育てていこうという意図での採用になりますが、中途採用は違います。基本的には以前の職場での経験などから即戦力になる人間が好まれる傾向があります。そして、フリーターとしてアルバイトなどしかしていなかった人は、就職経験を武器に採用してもらうということが難しいのです。では、今現在フリーターの場合、どうしたら正社員として採用してもらえるでしょうか。

正社員を目指すにはアルバイトから始めるのが一番簡単な方法

フリーターから正社員になる一番簡単な方法は、まずはアルバイトから入り、契約社員、社員と段々と待遇を上げてもらうことです。アルバイトでも、きちんと毎日シフトに入り、しっかりと仕事をこなしていれば段々と評価されます。そして、契約社員として就職させてもらえることが多いのです。そしてしばらく契約社員として働いていると、試験などを受けることで正社員になる道も開けてくるのです。

アルバイトとして仕事をこなして実績を積もう

職歴が貧弱な場合、即戦力として雇ってもらえる可能性はありません。ですので、アルバイトとして誠実に仕事をこなしていくことで、それを実績としていくのです。地道な作業で根気も必要ですが、一度努力しておくことで一度フリーターから脱出すると、その後の転職の際も有利に進みます。

ライバルが少ない小さな企業に正社員として応募してみるのも手

あるいは、小さな企業を狙って就職活動を行うという作戦もあります。転職雑誌などに広告を打つこともない中小企業では、個別に人材募集を行っていることもあります。特に最近は、HP上だけで募集をかけ、本当にその会社に興味がある人だけを採用するという会社も増えてきています。そういった会社はライバルも少ないですし、はじめから正社員として雇ってもらえることも多いです。期間をかけずに就職できるでしょう。

自分の興味がある会社は面接や採用がスムーズにいく可能性あり

何か特別に興味がある分野などある場合は、その分野の会社のHPなどで人材募集が無いかどうかチェックしてみると良いでしょう。興味がある会社であれば、面接もスムーズにいき、採用してもらえる可能性はぐんと高まります。また、好きな仕事であれば、長続きもするものです。仕方ないから働く、という考えでいると、いつまでたってもフリーターということにもなりかねませんので、もっと前向きに仕事を捉えて探してみましょう。

アルバイトから経験を積んでフリーターから正社員として就職を目指そう

フリーターが正社員として就職しようと思うと、意外と大変です。それは、これまでの実績があまりなく、即戦力として評価されにくいからです。ですが、フリーターでもしばらくバイトとしてしっかりと働くことで評価され、いずれは正社員として就職できる道もあります。また、中小企業などでは個別に人材募集をしている場合もあるので、それを狙ってみるのもよいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント