2017年07月25日(火) 更新

岡谷鋼機の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

岡谷鋼機の選考情報①:選考の内容と流れ

岡谷鋼機の採用する学生の学歴は比較的高学歴にはこだわる傾向が見られます。また採用人数は毎年約20人から25人の採用人数です。岡谷鋼機の採用選考の内容と流れはこのようになっています。2月下旬頃にエントリーシートの提出があります。岡谷鋼機は直接各地にある事業所へ持ってゆきます。提出時にはちょっとした面談があります。岡谷鋼機はエントリーシートに重点を置いているので作成に時間をかけるようにしましょう。書類選考をパスしたら筆記試験があります。それぞれ10分ほどの国語と数学、そして30分ほどのコンピテンシー検査があります。筆記試験をパスしたらグループディスカッションへ進みます。2部構成となっており、テーマが出題されテーマに沿ってディスカッションを行います。次にミスマッチを防止するための社員懇談会があります。その後いよいよ1次面接です。基本的にはエントリーシートに沿った質問があります。1次面接をパスしたら健康診断があり、人事の担当者から最終面接に向けてのアドバイスなどがあります。最終面接は人事本部長と役員が同席して実施します。圧迫面接だというデータもありますが、圧迫を楽しむくらいの気持ちで臨んでください。

岡谷鋼機の選考情報②:高学歴にこだわる

岡谷鋼機の採用する学生の学歴は比較的高学歴にはこだわる傾向が見られます。また採用人数は毎年約20人から25人の採用人数です。岡谷鋼機では一応学歴を伏せて採用選考を実施していますが、筆記試験などに偏差値がどうしても現れる傾向です。また入社後は他の商社にはない充実した教育プログラムがそろっており、若い社員を海外にどんどん送り出そうという岡谷鋼機の意気込みが見て取れます。在籍している社員の主な出身大学を見てみると、東京大学、早稲田大学、一橋大学、東京外国語大学、上智大学、慶應義塾大学、立教大学、明治大学、東京理科大学、法政大学、青山学院大学、中央大学、学習院大学、東京学芸大学、成蹊大学、東京海洋大学、東北大学、名古屋大学、金沢大学、神戸大学、同志社大学、関西学院大学などの大学が見られます。

岡谷鋼機の選考情報③:採用人数は例年20~25人程度

岡谷鋼機の採用選考は比較的学歴重視の傾向であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属についてです。岡谷鋼機では例年20人から25人ほどの採用人数となっています。配属先は、4事業分野、9部門、鉄鋼分野では鉄鋼部門、特殊鋼部門があります。情報・電機分野ではエレクトロニクス部門、非鉄金属部門、産業資材分野では、メカトロ部門、化成品部門、生活産業分野では配管住設部門 、建設部門 、食品部門 などの配属部門があります。また勤務地は東京、名古屋、大阪、福岡、仙台、新潟、富山、静岡、浜松、広島など国内25ヶ所の事業所や関係会社43社をはじめ、海外にはアメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、ドイツなど21ヶ国に関係会社45社があります。

岡谷鋼機の選考情報として高学歴を求められ採用人数は例年20~25人程度であることを把握しよう

岡谷鋼機の選考情報!就活生が知っておくべき学歴や採用人数など岡谷鋼機をめざして就職活動中の学生さんのためにシンプルにわかりやすく解説してみました。岡谷鋼機は世界に向けてグローバルに事業を展開しています。採用選考は比較的学歴重視の傾向です。また採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶仙台会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します