2016年11月29日(火) 更新

中外製薬の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

中外製薬の選考情報①:選考の内容と流れ

中外製薬の採用する学生の学歴は部署によって違いがあるものの、決して高学歴にはこだわりません。また採用人数は毎年約100人から200人の採用人数です。中外製薬の採用選考の内容と流れはこのようになっています。中外製薬のエントリーシートはウェブで記入して送信するタイプです。設問には現在の研究内容や修士論文または博士論文のテーマ、志望動機、自己PRなどがあります。
その後会社説明会があります。この説明会に参加してエントリーシートとは別の履歴書などを提出します。この説明会に参加になければ後の研究所見学会の案内がきません。その後リクルーターとの接触があり、ウェブ試験を受けます。内容は英語、数学、国語、性格テスト、論文です。難易度は中レベルです。書類選考とウェブテストにパスしたらグループディスカッションがあります。個人ワークとグループワーク、代表がプレゼンテーションをおこなう内容です。グループディスカッションの次には面接があります。面接はグループ面接と個人面接を合わせて3回ほどあります。面接では研究テーマについて何度も質問されます。あらかじめ考えておくようにしましょう。

中外製薬の選考情報②:高学歴より大学での研究や論文のテーマ重視

中外製薬の採用する学生の学歴は部署によって違いがあるものの、決して高学歴にこだわりません。また採用人数は毎年約100人から200人の採用人数です。中外製薬では学歴や偏差値よりも、大学で何を研究しているのか、修士論文や博士論文のテーマなどが重視されます。またグループディスカッションが比較的難易度が高いことでも知られています。面接は1次から3次の最終役員面接まで3回実施されます。そこでも研究テーマや修士論文、博士論文のテーマなどが繰り返し質問されるようです。ちなみに中外製薬に在籍する社員の出身大学を見てみると、東京薬科大学、東京理科大学、東北大学、徳島大学、富山大学、富山薬科大学、名古屋市立大学、星薬科大学、北海道大学、明治薬科大学、早稲田大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、埼玉大学、埼玉医科大学、静岡大学、静岡県立大学、信州大学、千葉大学、岐阜薬科大学、九州大学、京都大学、京都薬科大学などがあります。

中外製薬の選考情報③:採用人数例年100~200人

中外製薬の採用選考は学歴重視ではなく大学での研究内容が問われることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属についてです。中外製薬では例年100人から200人ほどの採用人数となっています。配属先は、MR職(営業職)部門、研究職部門、医薬品の承認を取得することを目指す臨床開発職部門(安全性職、信頼性保証職、品質保証職、薬事職)などがあります。また勤務先は、東京本社のほか、札幌、仙台、新宿、大宮、横浜、名古屋、大阪、京都、広島、高松、福岡などの支店、全国53ヵ所の営業所、富士御殿場(静岡)、鎌倉(神奈川)、浮間(東京)にある研究所、浮間(東京)、藤枝(静岡)、宇都宮(栃木)にある工場、海外ではニューヨーク、ニュージャージー、ロンドン、パリ、フランクフルト、北京、上海、広州、泰州、台北、シンガポール、韓国などの営業所となっています。

中外製薬の選考情報として学歴より大学での研究や論文のテーマ重視で採用人数は例年100~200人程度であると把握しよう

中外製薬の選考情報!就活生が知っておくべき学歴や採用人数など中外製薬をめざして就職活動中の学生さんのためにシンプルにわかりやすく解説してみました。中外製薬はスイスの製薬メーカーとの提携や大学病院、バイオ産業などとの共同開発で数々の新薬を製造販売している大手医薬品メーカーです。採用選考では学歴よりも研究内容が問われるようです。採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント