2019年12月19日(木) 更新

マザーハウスの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

マザーハウスの選考情報①:選考の内容と流れ

マザーハウスの採用する学生の学歴は決して高学歴にはこだわりません。採用人数は毎年若干数の採用人数です。マザーハウスの採用選考の内容と流れはこのようになっています。エントリーフォームからまずは応募していただきます。書類審査の合格者には結果をお知らせします。その後、面接を実施します。

面接の内容や合否の発表はさまざま

面接は合計で約2回から3回です。面接を行う担当者は本店をはじめ、都心部や全国の主要都市にあるショップの責任者が行います。本店の場合では1次面接からどんどん掘り下げた内容の面接だったというデータがあります。また1次面接で断られたと思ったら2次面接で採用されたというケースもあります。またインターンシップの経験者を優遇する傾向もあります。

あなたの面接力はどのくらい?

面接では身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

マザーハウスの選考情報②:求める学歴は不問

マザーハウスの採用する学生の学歴は決して高学歴にこだわりません。また採用人数は毎年若干数の採用人数です。マザーハウスでは学歴や偏差値ではなく、人物やセンスを重視した採用選考を行っています。そのため筆記試験は実施されず、面接が1次から3次の最終役員面接まで3回ほど実施されます。

在籍するスタッフはユニークな人材の宝庫

マザーハウスに在籍する社員・スタッフの出身大学は名門大学からユニークな大学までさまざまです。ただし全員のスタッフに共通していることは、さまざまな問題意識を持って生きているということです。世界中をバックパッカーとして旅していた人やジャングルで暮らしていたという面白い人、一流商社で世界をまたに駆けて飛び回っていた人など、マザーハウスはユニークな人材の宝庫です。

マザーハウスの選考情報③:気になる採用人数は若干数と配属はさまざま

マザーハウスの採用選考は学歴重視ではなく人物重視であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属についてです。マザーハウスでは例年若干数の採用人数となっています。また配属先は、職種によってさまざまです。
・経理マネージャー
・ショップマネージャー
・販売スタッフ(関東・関西)
・オンラインストア運用ディレクター
・アートディレクター
・グラフィックデザイナー

などがあります。また勤務先はマザーハウス本店をはじめ、日本全国の主要都市と台湾にある18店舗とバングラデシュの工場などとなっています。

マザーハウスの選考情報では学歴は不問で採用人数は若干数であることを把握しておこう

ブランド経営を通して社会に貢献することを理念に掲げるマザーハウスの採用選考における学歴の扱いや採用人数についての選考情報はいかがでしたか?マザーハウスは発展途上国の素材を使用してその土地の工場(バングラデシュ)でハイレベルなバッグを作っているブランドです。学歴はそれほど問われませんが、採用人数は毎年若干名となっています。年度によって選考情報は異なるので、自分自身でも選考情報や採用人数を調べてみるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 20年卒
  • 19年卒
  • 22年卒
  • 18年卒
  • 24年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

45819 view

おすすめの就活イベント