2021年10月20日(水) 更新

PWCの選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

PWCの選考情報①:選考の内容と流れ

PWCの採用選考の内容と流れはこのようになっています。WEBプレエントリーの後、エントリーシートの提出をおこなって、会社説明会があります。次にグループディスカッション、面接の流れになります。グループディスカッションでは企業のビジネスモデルに関する問いが多く出題されます。また、面接は内定へ向けて、1次と2次を通過しなければならず、一般的な質問とグループディスカッションで意識したことなどを聞かれます。人によって質問を変えているようなので、履歴書やエントリーシートに記述したことを自分の中で深堀したり、特殊な質問に対しても長所や志望動機に一貫性がでるような回答をするように心がけましょう。

あなたが受けない方がいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの業界を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

PWCの選考情報②:求める学歴は大学・大学院卒業または見込み

PWCの採用する学生の学歴は決して高学歴にこだわりません。PWCでの採用選考会は学歴などを伏せて実施されます。学歴や偏差値ではなく、人物重視の採用選考をおこなっています。
ただし、結果的には高学歴の人物が採用されるケースがほとんどです。そこで、実際に採用された大学をいくつかご紹介します。
【順不同】青山学院大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京工業大学、神戸大学、京都大学、上智大学、大阪大学、東京大学、立命館大学、学習院大学、中央大学、筑波大学、九州大学、明治大学、名古屋大学、東北大学、同志社大学、一橋大学、国際基督教大学、北海道大学など

以上の大学の卒業生が毎年選考を勝ち進んでいます。

PWCの選考情報③:気になる採用人数と配属

PWCの採用選考は学歴重視ではなくグループディスカッションと面接による人物重視であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属についてです。PWCの採用人数は若干数で約1人から5人の採用人数となっています。また配属先は、まずはアソシエイトとして業務に携わり、総合職 (クライアント企業の人事業務・記帳代行・給与計算に関するアウトソーシング実務全般)として業務をおこないます。 入社後1年間はOJTで、給与計算などを実務を通じて学びます。その後は、シニアアソシエイトやマネージャーへなるために、実際の案件を担当していくのです。

あなたが受けない方がいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの業界を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

PWCの選考情報として求められる学歴は大学・大学院卒業または見込みで採用人数は1名から5名程度とおさえる

仕事通じてプロフェッショナルな人材育成を図るPWCの選考情報として、学歴や採用人数について調べてみました。PWCで働くことは、お客様が求めていることを先回りして想定し、着実に実行に移せる顧客志向と行動力が大切です。採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【ES・一次・二次・三次選考免除】超ホワイト企業の特別スカウトへご招待!

    日時はご自由にお選びいただけます(オンライン開催)

大手/人気企業の理系限定推薦枠へご案内!最短2週間で内定!

    日時はご自由にお選びいただけます(オンライン開催)