2019年11月22日(金) 更新

就活生必見!リクルートスーツに適切なベルトの色

リクルートスーツに最適なベルトの色は?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「リクルートスーツに最適なベルトの色は何色だと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • くろ
  • くろ

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「リクルートスーツに最適なベルトの色は何色だと思いますか?」

就活では服装の細かいマナーまで採用担当者にチェックされています。「ベルトの色は何でもいいや」ではダメなのです。アンケート結果を見ると、就活生の多くがリクルートスーツには「黒色のベルト」が最適だと考えているようです。 実際には、どのような色のベルトが最適解なのでしょうか?こちらの記事では、就活の服装マナーで見落としがちな「ベルト」にフォーカスして見ていきます。

ビジネスで使うスーツのベルトの色は黒と茶色

基本的には、社会人がビジネスの場で使うベルトの色は黒と茶色です。ベルトの色でとくに黒は必須といえますが、こげ茶色などビジネスシーンでも浮きにくいカラーをケースバイケースで使い分けているようです。また、スーツ、ワイシャツ、ネクタイまで黒や茶色などコーディネートして全体のバランスを考え、いかに第一印象を良くするかに重きを置いています。
これは、就活においても同じ考えですので、スーツとベルトの関係として覚えておきましょう。

ベルトと靴の色を合わせるのがリクルートスーツの基本

ベルトと靴の色を合わせるのは、リクルートスーツの基本です。小さな点だと思われるかもしれませんが、ある程度経験のある社会人はまだしも、就活生が黒いスーツに茶色のベルトなど、リクルートスーツの基本を忘れた服装にしていると、とてもバランスが悪くみえます。
鞄の色も同色でまとめれば統一感が出ると言われているので、面接などの就活で実践すれば印象を良くできるはずです。

スーツでの身だしなみなどのマナーを確認する

ネクタイをはじめとして、男女ともにスーツの着こなしに自信のない就活生は多いでしょう。面接は第一印象が大切であり、身だしなみは大きな意味を持ちます。スーツを正しく着こなすためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、ネクタイ選びやその他の小物選びも間違えないでしょう。少しでも印象をよくするためにも、身だしなみのマナーを把握しておくことが大切です。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生はチェックしておきましょう。

なぜリクルートスーツでその色を使うべきなのか

就活のベルト=黒のイメージが一般的

専門店でリクルートスーツを買う際に、ほとんどの場合は一緒に勧められるベルトは茶色ではなく黒色です。そこから、就活のベルト=黒をイメージする人がほとんどだと思いますが、まさにその通りで、就活で使うベルトの色は「黒」が適しています。
まれに茶色のベルトをしている就活生がいるようですが、茶色のベルトは面接官にはちぐはぐな印象を持たれる可能性があるので、茶色のベルトを付ける際には注意しましょう。

リクルートスーツのスタンダードは黒で定着しているから

なぜリクルートスーツに合わせるベルトの色は茶色などではなく黒なのか。茶色ではなく黒色である理由は、社会人のスーツの着こなしが関係しています。ある程度社会人としての年数が経ち、仕事を覚えて取引先とも関係ができてれば、ベルトを茶色にしたり、スーツやワイシャツなど、全体でコーディネートの幅を広めても良い頃だといえます。
しかし、就活ではベルトを茶色にしたり、コーディネートするわけにはいきません。就活はすべてにおいて初めてのアポイントのようなもの。そのために、一番しっかりした服装が求められますし、日本におけるリクルートスーツのスタンダードは茶色ではなく黒色として浸透しています。
そこで、スーツや靴、ベルトは同色にするというマナーも合わせると、靴に合わせて自動的にベルトも茶色ではなく黒色になるという理由なのです。

就活で黒色が与える印象

リクルートスーツやカバンなど、就活生はシャツが白色であとはほぼ黒色という出で立ちがスタンダードになっています。それは、単純に締りのある色だからという理由だけではありません。
黒色が人にどんな印象を与えるのか、しっかりと理解すれば就活のベルトを茶色ではなく黒色にする理由に納得するはずです。

フレッシュさの象徴になりつつある

これまで就活では紺色やグレーなども一定数見られました。しかし、今はほとんどが黒色です。そのため、黒色のスーツ着ている人をみると、就職活動中の学生や新入社員など、初々しいフレッシュな印象を受ける人が増えています。
奇をてらわずまじめに就活をしているように見える、全身黒色という姿は誠実な印象を与えます。

就活で着るリクルートスーツに合うベルトの色は「黒」

いかがでしたか。ベルトや鞄の選択肢は、社会人として経験を積めば多少選択の幅が広がるものの、就活においては黒色が基本であることから、必然的に就活生が使うベルトの色は茶色ではなく黒色という結果なのです。女性も、パンツスーツの場合はベルトが必要ですので、茶色ではなく黒色を選ぶようにしましょう。
ベルトはスーツに隠れるからこげ茶色でもあまり気にしないという人もいそうですが、面接官はベルトの色も見ていますので、しっかり気にかけましょう。油断していた人は改めて自分のベルトの色をチェックしてみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント